かるさんの日々

karucyu.exblog.jp

変化の無い日々を一枚の画像と共に

医療の進歩と後退を見た日・・・2014年12月19日

「爆弾低気圧」の被害もなく、比較的平常な気温にもどった一日になりました。
最低気温が-3.0℃、最高気温は1.2℃ほどでした。
f0335773_21265061.jpg
予定されていた「胃カメラ検診」を受けてきました。とくべつなことは無く先ずはホッとして帰ってきました。最近の「医療器具」の進歩は驚くばかりで、案じていた診療も短時間に苦しみもなく終了しました。
f0335773_21261634.jpg
医療といえば、世間を喜ばせ、落胆させた「STAP細胞」の有無検証実験が、不発のまま「・・・存在しない」と位置付けた理研の記者会見が行われ、「STAP細胞問題」に終止符が打たれました。
f0335773_21273981.jpg
打たれはしましたが、記者会見の答弁も歯切れが悪く、聞く立場の者としては、なんともスッキリしない気分は残ります。
f0335773_21480462.jpg
渦中の人「小保方氏」は理研を退職してどうするものやら・・・・
あの『STAP細胞はありますっ!!』と声高に断言したものはなんだったのか?
本人からひと言「断言の裏付けと、検証失敗の原因」を聞いてみたいと、切に思うのですが・・・・・・

<画像は今年の春、庭で撮ったものです>



[PR]
Commented by kawasei1008 at 2014-12-20 10:14
小保方さん・・・どうなるのでしょうね!!
Commented by karucyu at 2014-12-20 22:01
>かわせいさん、

そうですよね、このまま消えてしまうのは惜しい気がします。

未熟だっただけで、悪意は無いと思いたいです。理研の功利主義体質がそれを利用した感があります。

もし意図的に悪意があったとしたら「希代の悪女」もしくは「極端な精神障碍者」だとおもいますが・・・
by karucyu | 2014-12-19 21:52 | Comments(2)

変化の無い日々を一枚の画像と共に


by かるさん