かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

「歓迎!!、灯油の安値」・・・2015年9月30日

きのうの日記は、寒気がやって来て暖房の灯油ストーブを使い始め、灯油代の高額を嘆いたものでした。
きょうの北海道新聞の以下のニュースは、ひさしぶりに嬉しいものになりました。

f0335773_18442645.jpg

 道内最大の灯油共同購入団体(札幌)が、10月1日から始める定期配達の灯油価格を、全道で最も安い札幌地区で1リットル当たり前年より3割以上安い70円(前年同期より33円安)にするとのうれしいニュースです。これは5年半ぶりの安値水準となります。<併せてガソリン価格も下がっています>
f0335773_18443761.jpg
原油安が続いていることに加え、中国の景気減速などで供給過剰感が増しており、灯油の安値傾向はしばらく続きそうな気配です。

この水準は70円前後で推移した2010年2~4月以来となるそうです。

道内の一戸建ての灯油の年間使用量は平均1520リットル(北海道消費者協会調べ・@100で152,000円)で、価格水準が33円安くなれば5万円の負担減になる計算です。

f0335773_18450361.jpg

 札幌地区の価格は00年代前半に1リットル当たり30~60円台で推移していました。原油高騰が深刻化した08年7月には129円まで値上がりしたが、直後の リーマン・ショック を機に急落しました。12~13年は、原油高や円安などによって同80~100円台で推移し、14年後半から下落に転じています。

f0335773_18451700.jpg
と言うような「石油類」の値下がり傾向は、北国の住民にとって何よりも喜ばしいことなのです。
にもかかわらず「北海道電力」は11月から4ヶ月連続の値上げに踏み切るとのこと。
せっかくの「暖房費軽減」の喜びも水を差された感がするのです。
f0335773_18461621.jpg



[PR]
by karucyu | 2015-09-30 18:49 | 日記 | Comments(0)