かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

涙のいろいろ・・・2016年8月19日

Rio五輪もいよいよ大詰めを迎えることになりました。

甲子園の「夏の高校野球」もあと2日を残すだけとなりました。

f0335773_21074081.jpg


勝負の世界はかならず「勝者と敗者」に別れます。甲子園のベンチ前で、歓喜に沸く勝ちチーム選手と、悔し涙に暮れる負けチームの選手との落差に、TV観戦のこちらの眼もうるんでしまいます。

f0335773_21075300.jpg


五輪レスリングで、4連覇の偉業を期待され、自らひそかに自信をもって臨んだ33歳の女王吉田選手が決勝選で敗れ、悔し涙を流しました。

彼女の場合、長い間どれほど重い責任を背負っていたものかと・・・ただ観戦する私たちには知る由もありませんでした。

f0335773_21081752.jpg


マイクを向けられ、周囲の関係者の人々や国民に、ひたすら「申し訳ない・・・」を繰り返す吉田選手にこちらも涙し、「よく頑張ってきましたね、あやまることなんてちっともありませんよ!」と、思わず声をだしている自分に気づくのです。


[PR]
by karucyu | 2016-08-19 21:09 | 日記 | Comments(2)
Commented by kawasei1008 at 2016-08-20 07:26
リオ五輪、思った以上に日本、頑張っているのではないでしょうか、選手は胸を張って帰ってほしいです。
Commented by karucyu at 2016-08-20 08:51
>かわせいさん、

おっしゃる通り、同じ思いをしています。
意外とどの種目の選手も頑張りましたですね。

4年後の「東京オリンピック」という、いままでと違った目標があるからでしょうか?