石原ファミリーの落日?・・・2016年9月25日

小樽港の端れ、ヨットハーバーに面して「石原裕次郎記念館」というのがあって、小樽の観光ブームの立役者として貢献してきました。

小樽観光に訪れたみなさんは、まず必ずと言って良いほど立ち寄られたことと思います。

f0335773_20461774.jpg

この記念館が来年8月で、26年の歴史に幕を下ろすことになりました。

裕次郎ゆかりの他の地(湘南や神戸)の招聘競争に勝って1991年に開館し、92年には126万人の来館者を記録しましたが、最近は年間20万人ほどの来場者で推移していたようです。

建物の老朽化もあいまって、これ以上の維持が困難だとして「閉館」を決めたとのこと。

f0335773_20465328.jpg

運営会社は展示する約2万点の一部を裕次郎が「第二の故郷」と呼んだ小樽に残したいと望んでいるようですが、展示スペースの確保や、公費による維持管理をどう考えるかなどの課題が残ります。
これから小樽市との協議に入るようですが、一時代を画した「人気スター」を知る人も老人化し、人々から忘れ去られようとしています。

f0335773_20462816.jpg

こんなニュースが話題になる昨今、中央政界で威をふるった「石原ファミリー」もなにやら問題視され、「裕次郎記念館」の閉館と時を同じくして、凋落の兆しが見え隠れするのです。


f0335773_20470929.jpg
<画像は小樽の街風景です>


[PR]
Commented by kawasei1008 at 2016-09-26 07:02
おはようございます。
2年前にお邪魔しましたが、残念ですね。
いつかは忘れ去られるのですね!!
Commented by karucyu at 2016-09-26 08:15
>かわせいさん、

そうでしたか・・・・、

古いものはどんどん忘れられて行きますね。
Commented by harusan at 2016-09-26 21:02 x
確か、裕次郎さんのお父様が商船関係の会社に勤めていた関係で小樽で育ったとか。残念ですが、時の経過には勝てませんね。
Commented by karucyu at 2016-09-27 08:35
>はるさん、

そうなんです、父親の仕事の関係で、幼少の頃わずかな年月小樽に住んだようです。

一時期の「小樽観光隆盛」に寄与したことは間違いありませんね。
by karucyu | 2016-09-25 20:49 | 日記 | Comments(4)