のんびりと、正月三ヶ日を・・・2017年1月3日

10月の早い初雪が、いきなり大雪となって人々を慌てさせたものです。

そうかと思ったら、12月の最終週からは降雪も少なく、正月三ヶ日の今日まで、ほぼ好天で除雪作業も無く過ごすことができました。こんな正月は何年ぶりのことでしょうか?


f0335773_12000142.jpg

そう言えば、駅前ビルの11F会場で催されていた『あっぱれ北斎!光の王国展』という展示会が今日3日で終了しました。

除雪などで疲れて、行くにも行けないでいましたが、ぎりぎりの大晦日の31日に観に行くことができました。

天才「葛飾北斎」の作品には興味を持っていましたが、なかなか観る機会がありませんでした。

今回の展覧会はオリジナル作品でなく「再生レプリカ」です。主催者の案内文にいわく、 『オリジナルから失われたものをふたたび取り戻す=作品の“再創造”という新しい複製画の手法』 なんだそうです。


f0335773_11553319.jpg

「原画(オリジナル作品)は、経年や、修復、洗浄による退色や変化が避けられず、状態はさまざまです。現存するオリジナル作品は、必ずしも作家が求め描いた作品の状態とは一致しません。そこで、作家が当時描いたであろう色彩を求めて、科学的な検証、技術的な修正、人的な感性を結集し。作品を<再創造>したものです」

・・とパンフレットにあります。


f0335773_11583374.jpg

 葛飾北斎が生涯で描いた画は約3万点と言われています。
その中でも大作と言われている、「冨嶽三十六景」を46点、「諸国瀧廻り」を8点などがリ・クリエイトされ、案内パネルと一緒に展示されていました。

おかげさまで、北斎が描いた180年前の色彩そのままに(たぶん)、堪能することができました。


f0335773_11584447.jpg

ちなみに、つい最近(12月末)のニュースですが、知られていなかった北斎の肉筆画「鶏竹図(けいちくず)」が見つかり、デンマークで競売に付され、東京の美術商が落札したとありました。

まだまだ知られていない「北斎作品」が世界に散らばっているのでしょうか?


f0335773_11585626.jpg

過去1000年の、世界の歴史上の偉人100人の中に、たった一人の日本人が「葛飾北斎」なんだそうです。

これほど偉大な芸術家を輩出した「日本」を、誇りに思わずには居れないのです。


[PR]
Commented by harusan at 2017-01-05 21:29 x
穏やかなお正月だった様子~~良かったですね。
こちらも暖かくて晴天でした~~♪
今年も、いつもの日常が昨日から始まりました(苦笑)。
Commented by karucyu at 2017-01-05 21:48
>はるさん、

超お忙しく、でも楽しい「お正月の団欒」だったでしょう。

ことしもお元気でご活躍ください。
by karucyu | 2017-01-04 12:01 | 日記 | Comments(2)