かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

魚が獲れないのです・・・2017年2月1日

110日から解禁になった、小樽の浜辺での「ニシン漁」です。

解禁以来ほぼ漁獲量0の日が続いたのですが、130日にはじめて10トンを超える漁獲があり、久しぶりに浜や市場がにぎわったようです。店頭価格は1匹300500円ていどで、まだ簡単には手が出せません。

f0335773_18303884.jpg

北の海で獲れる魚貝類のビッグ5を挙げると「サケ、サンマ、イカ、ホタテ、昆布」になるでしょうか。

この主要魚種の漁獲量が年々減少しているのです。とくに(2016年度)は不漁度合いがひどく、漁業者はもちろん、加工業者も品不足と価格高騰に泣かされています。


f0335773_18233595.jpg

秋サケは前年比3割減の75600トンと、24年ぶりの7万トン台で終わり、サンマも11月末で前年同期比3%減の108513トン、昭和51年以降の最低の112264トンだった昨年を下回っています。

f0335773_18241155.jpg

とくに目を覆うばかりの不漁が続くのが「イカ漁」です。

昨年6月に始まった道南のスルメイカ(マイカ)漁の漁期がこの1月31日で終わったのですが・・・

函館市水産物地方卸売市場での生鮮の取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1493トン、キロ単価は779円と最高となって、品不足と価格高騰がイカの街・函館に深刻な影響を与えています。(観光客への食事の目玉、イカソーメン提供がままならず、駅前朝市の店頭には活きイカが泳いでいません)

f0335773_18240154.jpg


 市によると16年漁期(16年6月~17年1月)の取扱量は14年(3521トン)から3年連続で減り、この16年間で最高だった01年の9642トンから85%減というありさまです。

キロ単価は同年(171円)の4.6倍になって、高値により取扱額は約116300万円と、15年より22%増えことを市場全体として、喜ぶべきか悲しむべきか・・・

f0335773_18234872.jpg

これからも続きそうな「温暖化」による海水温の変化、潮流の道筋変化、台風被害による流木の流れ込み、外国漁船の無法漁獲などなど。

これからの日本沿海での漁業は、主要5魚種だけでなく、漁業のすべてが低迷の一途をたどるのは間違いありません。


[PR]
by karucyu | 2017-02-01 18:32 | Comments(2)
Commented by harusan at 2017-02-01 23:05 x
漁師さんも困っていらっしゃることでしょうね・・・。地球の温暖化のせいでしょうか・・・。
函館のお料理屋さんで、「いけすで泳いでいるイカ」を調理して頂き、その美味しさにビックリしたことがなつかしい・・・、そんなこともできなくなってしまうんでしょうか(涙)
Commented by karucyu at 2017-02-02 10:56
>はるさん、

たとえばイカだけに限って言えば、本当の不漁原因はつかめていないようですが・・・・

にしても「温暖化」が主要原因だってことは間違いないでしょう。

イカが口に入り難くなるって、困りますよね。