かるさんの日々

karucyu.exblog.jp

変化の無い日々を一枚の画像と共に

久しぶりに胸躍らせての映画・・・2017年2月9日

市川雷蔵、勝新太郎に三船敏郎や万屋錦之介、高倉健、緒方拳などが活躍する映画を楽しんできた私たちです。

往時の銀幕のスターもほとんど物故し、当然のことながら俳優の代替わりも激しく、映画への縁も薄くなりました。

いまはもっぱらBS放送の「プレミアムシネマ」や「Gyao」などで映画を楽しんでいる昨今です。

f0335773_18051798.jpg

そんな日を送っている真冬の一日、久しぶりに映画館で「生映画」を観てきました。
「マグニフィセント・7(magnificentseven)」です。

セブン(七人)とくれば当然のことながら、黒沢明監督の不朽の名作「七人の侍(1954年公開)」が想い出されます。

それから7年経って、黒沢作品をリメークしたアメリカ映画「荒野の七人」が公開され、主役の「ユリ・ブリンナー」以下の活躍に胸躍ろかしたものです。


f0335773_18053105.jpg

その「荒野の七人」から57年経って、さらに言えば「七人の侍」から実に63年経ってこの冬公開されたのが『マグニフィセント7』です。

悪の組織に虐げられ、命を奪われ、村を乗っ獲られる貧しい村人の願いに立ち上がった「七人のアウトローたち」・・・・なんの見返りも無く、命を懸けて悪と闘う彼らはまさに《magnificent(崇高な7人)》なのです。


f0335773_18054351.jpg

「富と権力」が幅を効かせ、貧しい人々や普通の人々が陽の目を見られない傾向が続く昨今の世の中であればこそ、映画『マグニフィセント7』の壮大な活劇を観ながら、手に汗を握るのです。


[PR]
Commented by kawasei1008 at 2017-02-10 08:18
おはようございます。
今度見に行ってきます!!
こちらは今朝、今年二度目の積雪となりました。
Commented by karucyu at 2017-02-10 09:11
>かわせいさん、

そうですか、「ドンパチ映画」ですが、私には見応えがありました・・・ぜひお運びを。

御地、大雪の被害が出ませんように願っています。
by karucyu | 2017-02-09 18:07 | Comments(2)

変化の無い日々を一枚の画像と共に


by かるさん