かるさんの日々

karucyu.exblog.jp

変化の無い日々を一枚の画像と共に

江差に「群来」が来たぁ~~ 2017年2月28日

カモメのなく音に~~ ふと目を覚まし~~ あれが蝦夷地の山かいな~~

蝦夷地の支配の中心だった「松前」から北へ70Kmほどのところに『江差』と言う町があります。この町の誇りの最たるものが『江差追分』です。

数ある民謡の中で、唄うことの難しさナンバーワンと言われている民謡のようです。

町民の老若男女がことあるごとに唄い続け、毎年全国大会が盛大に開かれています。

この町の港は、江戸期「北前船」の最終寄港地となっていました(根室、国後地方は別にして)

f0335773_19554459.jpg

幕末、官軍から逃れてきた「榎本武揚」らが乗ってきた「軍艦・開陽丸」がこの港沖で座礁し、官軍との戦闘に参戦することができず、函館軍の敗北の大きな要因にもなりました。

いま「開陽丸・青少年センター」という名前で記念館となり、貴重な資料、遺物の数々から肌で感じられる体験型資料館となっています。



f0335773_19555466.jpg

江差の海は、江戸時代から明治時代にかけてニシン漁で栄えてきました。

その江差町のかもめ島沿岸で26日午前、ニシンの群れが産卵のために押し寄せ、海が白く濁る『群来(くき)』に似た現象が確認されたとのことです。

道が調査をしている段階ですが、漁業関係者は1世紀以上前となる豊漁の再来を、大いに期待しているところです。



f0335773_19561786.jpg

『群来(くき)』というのは、浜辺に押し寄せてきたニシンが産卵し精子をかけることで、海が白濁することを言うのだそうで、単に押し寄せて来るのは『群来(ぐんらい)』と言うのだそうです。

同じ文字を使っても、呼び方が違うところが『漁師さん』の粋を表しているのかもしれません。


f0335773_19560568.jpg

 


[PR]
by karucyu | 2017-02-28 19:57 | Comments(0)

変化の無い日々を一枚の画像と共に


by かるさん