謂れのない図書館へのいちゃもん! 2017年4月23日



きょうの新聞ニュースにありました。

タイトルは・・・・

「出版不況は図書館のせい? 新刊貸し出しに不満 販売数上回る」

というものです。

f0335773_21271985.jpg

出版業界が言わんとしていることは、「図書館が新刊本を無料でどんどん貸出するから、本が売れない・・・何とかしてくれ!!」ということです。

業界団体が昨年11月、全国の公共図書館に「配慮」を求める文書を送付したそうです。


f0335773_21262329.jpg

配慮を求められた「図書館側」も面喰っているかと思います。

たしかにここ十数年来、全国的に図書館の数も増え、蔵書内容も充実してきています。

図書館を利用する側にとって、まことに喜ばしい限りで、貸出数字も増えるのは当然なことです。

全国の各自治体の、涙ぐましい努力による図書館の増大と、貸出実績増こそが、この国の庶民の「娯楽や知識アップ」など文化の普及を担っているのです。

f0335773_21263781.jpg

出版業界が「新刊本の有料貸出」や「一定期間の貸出禁止」を図書館側に求める前に、本の価格を下げる努力・・・・・

たとえば、人気作家へのベラボウな報酬を下げるとか、装丁に無駄な費用をかけないとか、売れないと判っている作品は大量に出版しないとか、書店からの返品制度を改めて無駄をなくす・・・・などなど、自助努力の余地は限りなく多いように思うのです。


f0335773_21270604.jpg

謂れの無い・・・と思える申し入れは「知識の集大成を握る」出版業界らしくない、イチャモンにしか思えないのです。


[PR]
Commented by kawasei1008 at 2017-04-24 07:21
おはようございます。
図書館のせいではないように思いますが、読む人からはたくさんの本がいつでも手軽にがいいですね。
Commented by karucyu at 2017-04-24 09:22
>かわせいさん、

そう思いますよね、図書館は今まで通り、それ以上の充実とサービスが欲しいものです。
Commented by harusan at 2017-04-26 19:20 x
売れない小説家の愚息を持つ身・・・作家からの要望はもっともと思う部分も・・・(苦笑)
作家は、「売れたら1%の印税」が、決まりだそうです。
事前に「この小説が完成したらいくら・・」という契約ではないので、売れないと収入にならない!
とにかく皆さん~~買って読んでください~~ということのようです。
「読書の習慣」を啓発した方がいいかも・・・(笑)
Commented by karucyu at 2017-04-26 19:31
>はるさん、

作家の立場から言えば、とうぜんのことでしょう。
とにかく「本離れ」が問題ですね。

でも、出版業界も、もう少し考えを変えた方がよろしいのかと・・・
by karucyu | 2017-04-23 21:30 | Comments(4)