かるさんの日々

karucyu.exblog.jp

変化の無い日々を一枚の画像と共に

急な変化が・・・2017年7月17日

先の日記に書いた記録的な暑さは、15日の土曜日まで続きました。

一晩明けた16日からは、急に気温が下がってずいぶんと凌ぎやくなりました。おまけに「短時間集中豪雨」などがあって、一部の地域に「冠水被害」がでるありさまとなりました。

f0335773_16334769.jpg

急激な変化と言えば、なにも天気現象だけではありません。

この国の政治の世界で「一強を誇り」、当たるところ敵無しの感があった「首相とその政権」ですが・・・直近の世論調査によれば、その支持率が急降下しています。

f0335773_16340678.jpg

そんな様子を横目にしながら書くのも気が引けますが、以下は「四字熟語」の世界です。

『夜郎自大(やろうじだい)』

自分の実力をかえりみず、仲間の中で尊大に構えてみせる小人物のたとえ。

「野郎」とは、漢代に中国の西南地方(貴州省)にあった国名。多くの小国があったが、「野郎国」はその中で最大。ところが、漢帝国の強大さを全く知らず、自分の力を過大に信じて、威張っていたという故事による。

f0335773_16333108.jpg

『急転直下(きゅうてんちょっか)』

急転は、急に変化する。直下はまっすぐ落ちて≪一件落着≫すること。事情が突然変わって、事のきまりが急に片付くたとえ。

f0335773_16344504.jpg

『放辟邪侈(ほうへきじゃし)

わがまま勝手で、横道にそれて、おごり高ぶること。辟には、よこしまの意もある。侈は、おごる、ぜいたくの意。

この国にはその昔から、驕りに対する「戒めの言葉」がたくさんあります。

ですが、頂上を極めた人は、とかくその戒めを軽視するか、忘れてしまいます。

f0335773_16342355.jpg

目下、支持率が「急転直下」している誰かさんも、先人の戒めの言葉を教訓としないツケが回ってきたのでしょう。

『生者必滅 会者定離』・・・平家物語の冒頭を飾る一行も、上に立つ者は心に刻んでおかねばならぬものかと、日ごろ思っているところです。

「真摯に意見を聞く・・・とは、聞く耳持たぬと見つけたり」・・・雲隠れ!


[PR]
Commented by kawasei1008 at 2017-07-19 07:43
おはようございます。
暑さのせいか頭もぼ~としてますが、天気にしてもおかしくなりつつありますね。
我々もしっかりしなくては・・・!!
Commented by karucyu at 2017-07-19 09:01
>かわせいさん、

おはようございます。
こちら、あの猛暑から一転涼しさを感じる陽気になっています。
どうも、身体が付いて行けない気がします。

そちら、暑さと豪雨にはじゅうぶん気をつけてください。
by karucyu | 2017-07-17 16:38 | 日記 | Comments(2)

変化の無い日々を一枚の画像と共に


by かるさん