2016年 12月 03日 ( 1 )

――天皇のご退位「お気持ち」に思うこと――

ご高齢になられて、日々の重責を遂行できなくなることをご懸念され・・・

終身位のご身分から、早期のご退位(ご譲位)を希望される「お気持ち」を示されました。

f0335773_20194683.jpg

それを受けてさっそく政府が動き「有識者会議」が設置され、16人の専門家の意見聴取が終わりました。

それによれば、特別法による現在の天皇陛下一代限りの退位、 皇室典範改正などによる退位の恒久制度化、退位自体への慎重論という3論に分かれたようです。

f0335773_20195733.jpg

特別法での早期決着を模索する政府にとっては、想定以上に意見が分散し、専門家からの「お墨付き」を得る目算が外れたようだ・・・と報道にあります。

f0335773_20203821.jpg

識者と言われる人々の、専門知識からの考えはさまざまあることでしょうが、いろいろ議論している時間はありません。なにしろ「お気持ち」を表明されたのはご高齢で、ご病気を抱えられながら重責に専念されているお方です。

f0335773_20210003.jpg

結論を出すには、いろいろな問題があるのでしょうが、なにはともあれここはひとつ「ご老人を大切に」を念頭に置いて、一刻も早く「お気持ち」に沿って欲しいと思っている老人のひとりです。


[PR]
by karucyu | 2016-12-03 20:23 | 日記 | Comments(3)