2017年 05月 15日 ( 1 )

例年この時季に「サクラ前線」の終着地のことを書いてきました。

今年の開花宣言は、意外にも「東京」が321日でトップとなりました。これは平年値より5日も早かったのだそうです。

<<
f0335773_20350342.jpg
<東京、千鳥ヶ淵公園>借用画像

全国的に陽気が不安定な所為か、関東以西の開花が乱れ気味のようでした。なによりも九州地区の開花が意外にも遅かったことに驚きがありました。

関東以北はほぼ例年通り順序良く開花して行きましたが、青森の開花が417日でしたのに、函館の開花日が427日と津軽海峡を渡るのに10日も要しています。

f0335773_20354125.jpg
<青森・五所川原市の芦野公園>借用画像

札幌の開花が429日で、釧路地方気象台は14日午前、釧路市内の鶴ケ岱公園で観測している標本木のエゾヤマザクラが開花したと発表しました。平年より3日早く昨年より4日遅いとのこと。

f0335773_20355923.jpg
<函館、五稜郭公園>借用画像

稚内が9日に開花宣言しており、気象庁の観測地点としては、釧路が2年ぶりの「遅咲き日本一」になったということですが・・・・・実は本当に一番遅い開花は根室市なのです。


f0335773_20365156.jpg

<釧路、春採公園>借用画像

根室市と根室市観光協会は15日午前、市内の標本木のチシマザクラが開花したと発表しました。昨年より2日遅く平年より3日早いそうです。市によると、国内で最も遅いサクラの開花発表で、東京から始まった今年の桜前線が、515日に列島の終着点に到着したのです。


f0335773_20362546.jpg

<札幌市内、住宅地で>


[PR]
by karucyu | 2017-05-15 20:43 | 日記 | Comments(4)