かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 328 )

なにを考えているのやら・・・・2017年6月4日

-----パリ協定批准迷走の余波―-

きょう(64日)の地元紙に、北海道の銘産として知られている「アスパラガス」の高値が続いている・・・と報じています。

札幌市の中央卸売市場では、昨年の同じ時期に比べて、1キロ当たり100円も高いのだそうです。取扱量が2割も落ち込んでいるためのようです。

f0335773_15123093.jpg

生産量が低い理由は、昨年の7~9月の日照時間不足で、根にじゅうぶんな栄養を蓄えることができなかった影響が大きく、農家からは例年の6月下旬より早く収穫が終わってしまうのでは? と心配の声が聞こえています。

f0335773_15124757.jpg

「アスパラガス」を日本で最初に栽培・生産した人は、北海道岩内町の農学博士であった下田喜久三という方です。

欧米からアスパラの種子を取り寄せ 試験栽培を続けた結果, 1922(大正11)年 新品種を開発して 翌年から大規模な栽培を始め, 周辺の農家にも 作ることをすすめました。 1924(大正13)年 岩内町に「日本アスパラガス株式会社」を創設して 缶詰の生産を始めたのだそうです。

f0335773_15155618.jpg

岩内町の街区から、ニセコ連峰のなだらかな山裾を少し上ったところに、記念の碑文が建てられています。

≪この「アスパラガス」発祥の地が喜茂別町だとして、喜茂別町長名で平成元年に、「中山峠」の頂上レストハウス駐車場に、そのモニュメントと碑文を建てています。

どちらが本家なのか?、たぶん岩内説が本命のような気がします≫



f0335773_15130691.jpg

もうひとつ、海の幸のことを言いますと、

北海道南のスルメイカ漁が、1日解禁されまして、函館市の函館漁港からは、出漁を待ち兼ねたイカ釣り漁船約10隻が松前沖を目指して出港しまた。

昨年は記録的な不漁だっただけに、漁業関係者らは少しでも多くの漁獲に期待を寄せていましたが・・・

初日の水揚げは、昨年の解禁日よりいくらか良かったものの、今年の漁獲量も楽観を許さない状況のようです。

f0335773_15141210.jpg

「アスパラガス」や「するめイカ」の漁獲・収穫だけでなく、天候不順による農産・水産物の収量・漁獲減は目に余るものがあります。

さらに大規模災害による、物的・人的被害は地球規模で計り知れません。

このままではいけないと、人類が知恵を出し合ってようやく201512月にパリで開催された「第21回気候変動枠組条約締約国会議」で、全世界規模で「温室効果ガス抑止」を目論んだ『パリ協定』が結ばれたのですが・・・・


f0335773_15152057.jpg


どこかの大国の「OBAKAKING」が、自国の利益のみを優先してこの協定から脱すると宣言しています。

「地球温暖化」で地球が破壊に瀕しているのがわかっていながら、自国の利益のみに固執する人々に対して、減産の憂き目にあう「アスパラガス」を初めとする農作物や「するめイカ」を筆頭とする「魚貝類」は、いま「怒髪天を衝く」ところの位置にあるのです。


[PR]
by karucyu | 2017-06-04 15:18 | Comments(4)

謂れのない図書館へのいちゃもん! 2017年4月23日



きょうの新聞ニュースにありました。

タイトルは・・・・

「出版不況は図書館のせい? 新刊貸し出しに不満 販売数上回る」

というものです。

f0335773_21271985.jpg

出版業界が言わんとしていることは、「図書館が新刊本を無料でどんどん貸出するから、本が売れない・・・何とかしてくれ!!」ということです。

業界団体が昨年11月、全国の公共図書館に「配慮」を求める文書を送付したそうです。


f0335773_21262329.jpg

配慮を求められた「図書館側」も面喰っているかと思います。

たしかにここ十数年来、全国的に図書館の数も増え、蔵書内容も充実してきています。

図書館を利用する側にとって、まことに喜ばしい限りで、貸出数字も増えるのは当然なことです。

全国の各自治体の、涙ぐましい努力による図書館の増大と、貸出実績増こそが、この国の庶民の「娯楽や知識アップ」など文化の普及を担っているのです。

f0335773_21263781.jpg

出版業界が「新刊本の有料貸出」や「一定期間の貸出禁止」を図書館側に求める前に、本の価格を下げる努力・・・・・

たとえば、人気作家へのベラボウな報酬を下げるとか、装丁に無駄な費用をかけないとか、売れないと判っている作品は大量に出版しないとか、書店からの返品制度を改めて無駄をなくす・・・・などなど、自助努力の余地は限りなく多いように思うのです。


f0335773_21270604.jpg

謂れの無い・・・と思える申し入れは「知識の集大成を握る」出版業界らしくない、イチャモンにしか思えないのです。


[PR]
by karucyu | 2017-04-23 21:30 | Comments(4)

江差に「群来」が来たぁ~~ 2017年2月28日

カモメのなく音に~~ ふと目を覚まし~~ あれが蝦夷地の山かいな~~

蝦夷地の支配の中心だった「松前」から北へ70Kmほどのところに『江差』と言う町があります。この町の誇りの最たるものが『江差追分』です。

数ある民謡の中で、唄うことの難しさナンバーワンと言われている民謡のようです。

町民の老若男女がことあるごとに唄い続け、毎年全国大会が盛大に開かれています。

この町の港は、江戸期「北前船」の最終寄港地となっていました(根室、国後地方は別にして)

f0335773_19554459.jpg

幕末、官軍から逃れてきた「榎本武揚」らが乗ってきた「軍艦・開陽丸」がこの港沖で座礁し、官軍との戦闘に参戦することができず、函館軍の敗北の大きな要因にもなりました。

いま「開陽丸・青少年センター」という名前で記念館となり、貴重な資料、遺物の数々から肌で感じられる体験型資料館となっています。



f0335773_19555466.jpg

江差の海は、江戸時代から明治時代にかけてニシン漁で栄えてきました。

その江差町のかもめ島沿岸で26日午前、ニシンの群れが産卵のために押し寄せ、海が白く濁る『群来(くき)』に似た現象が確認されたとのことです。

道が調査をしている段階ですが、漁業関係者は1世紀以上前となる豊漁の再来を、大いに期待しているところです。



f0335773_19561786.jpg

『群来(くき)』というのは、浜辺に押し寄せてきたニシンが産卵し精子をかけることで、海が白濁することを言うのだそうで、単に押し寄せて来るのは『群来(ぐんらい)』と言うのだそうです。

同じ文字を使っても、呼び方が違うところが『漁師さん』の粋を表しているのかもしれません。


f0335773_19560568.jpg

 


[PR]
by karucyu | 2017-02-28 19:57 | Comments(0)

ミッフイーとのお別れ・・・2017年2月18日

このブログの「プロフイール画像」に<ミッフイー風>の絵を使ってきました。

載せたときは、世界的に著名な「童話絵」とのことは、あまり知らなかったのですが・・・「ある文庫の布の絵本」を見たとき、あまりに可愛くきれいにできていましたので使わしてもらったのです。



きょうの新聞に「ミッフイー」の生みの親であるオランダの作家、「イラストレーターのディック・ブルナー氏が16日、同国ユトレヒトで死亡(89歳)したとありました。

 氏は1927年、ユトレヒト生まれで、オランダでは「ナインチェ」と呼ばれる「ミッフィーの絵本」を同国で55年から30作以上出してきたのだそうです。日本語を含め多くの言語に翻訳され、世界で8千万部以上売れたとのこと。アニメ化もされるなど人気キャラクターとなっていました。




これからは、「ディズニーやサザエさん」のように、生みの親が居なくなっても「工房作品」として永いあいだ読み続けられ、親しまれ続けることになるのでしょう。


[PR]
by karucyu | 2017-02-18 13:54 | Comments(4)

久しぶりに胸躍らせての映画・・・2017年2月9日

市川雷蔵、勝新太郎に三船敏郎や万屋錦之介、高倉健、緒方拳などが活躍する映画を楽しんできた私たちです。

往時の銀幕のスターもほとんど物故し、当然のことながら俳優の代替わりも激しく、映画への縁も薄くなりました。

いまはもっぱらBS放送の「プレミアムシネマ」や「Gyao」などで映画を楽しんでいる昨今です。

f0335773_18051798.jpg

そんな日を送っている真冬の一日、久しぶりに映画館で「生映画」を観てきました。
「マグニフィセント・7(magnificentseven)」です。

セブン(七人)とくれば当然のことながら、黒沢明監督の不朽の名作「七人の侍(1954年公開)」が想い出されます。

それから7年経って、黒沢作品をリメークしたアメリカ映画「荒野の七人」が公開され、主役の「ユリ・ブリンナー」以下の活躍に胸躍ろかしたものです。


f0335773_18053105.jpg

その「荒野の七人」から57年経って、さらに言えば「七人の侍」から実に63年経ってこの冬公開されたのが『マグニフィセント7』です。

悪の組織に虐げられ、命を奪われ、村を乗っ獲られる貧しい村人の願いに立ち上がった「七人のアウトローたち」・・・・なんの見返りも無く、命を懸けて悪と闘う彼らはまさに《magnificent(崇高な7人)》なのです。


f0335773_18054351.jpg

「富と権力」が幅を効かせ、貧しい人々や普通の人々が陽の目を見られない傾向が続く昨今の世の中であればこそ、映画『マグニフィセント7』の壮大な活劇を観ながら、手に汗を握るのです。


[PR]
by karucyu | 2017-02-09 18:07 | Comments(2)

魚が獲れないのです・・・2017年2月1日

110日から解禁になった、小樽の浜辺での「ニシン漁」です。

解禁以来ほぼ漁獲量0の日が続いたのですが、130日にはじめて10トンを超える漁獲があり、久しぶりに浜や市場がにぎわったようです。店頭価格は1匹300500円ていどで、まだ簡単には手が出せません。

f0335773_18303884.jpg

北の海で獲れる魚貝類のビッグ5を挙げると「サケ、サンマ、イカ、ホタテ、昆布」になるでしょうか。

この主要魚種の漁獲量が年々減少しているのです。とくに(2016年度)は不漁度合いがひどく、漁業者はもちろん、加工業者も品不足と価格高騰に泣かされています。


f0335773_18233595.jpg

秋サケは前年比3割減の75600トンと、24年ぶりの7万トン台で終わり、サンマも11月末で前年同期比3%減の108513トン、昭和51年以降の最低の112264トンだった昨年を下回っています。

f0335773_18241155.jpg

とくに目を覆うばかりの不漁が続くのが「イカ漁」です。

昨年6月に始まった道南のスルメイカ(マイカ)漁の漁期がこの1月31日で終わったのですが・・・

函館市水産物地方卸売市場での生鮮の取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1493トン、キロ単価は779円と最高となって、品不足と価格高騰がイカの街・函館に深刻な影響を与えています。(観光客への食事の目玉、イカソーメン提供がままならず、駅前朝市の店頭には活きイカが泳いでいません)

f0335773_18240154.jpg


 市によると16年漁期(16年6月~17年1月)の取扱量は14年(3521トン)から3年連続で減り、この16年間で最高だった01年の9642トンから85%減というありさまです。

キロ単価は同年(171円)の4.6倍になって、高値により取扱額は約116300万円と、15年より22%増えことを市場全体として、喜ぶべきか悲しむべきか・・・

f0335773_18234872.jpg

これからも続きそうな「温暖化」による海水温の変化、潮流の道筋変化、台風被害による流木の流れ込み、外国漁船の無法漁獲などなど。

これからの日本沿海での漁業は、主要5魚種だけでなく、漁業のすべてが低迷の一途をたどるのは間違いありません。


[PR]
by karucyu | 2017-02-01 18:32 | Comments(2)

お賽銭の「賽」の意味・・・2017年1月9日

お正月、七草明けのTV報道で恒例となっているのが「京都伏見稲荷大社」のお賽銭勘定の映像です。

今年も数人の銀行員が出張し、ほぼ5日間かけて数え上げるのだそうです。


f0335773_16574209.jpg

そんなTV報道を見ながら、ふと思ったのがお賽銭の「賽」の文字はどんなところからきているのかと、辞書を引いてみました。

字面に「貝」がついていますから、往古の貨幣が「貝」だったことから来るのかと思ったりしましたが・・・・そこのところは判りませんでした。

ですが、「賽」の意味をあらためて知ることになりました。広辞苑には『神仏へのお礼参り』・・・とあります。 

そうなんですね、どうやら今までの神社仏閣へのお参り時の考えに、思い違いがあったようです。


f0335773_16562217.jpg

「お願い事」を聞き届けて下さい・・・と「お賽銭」をあげていましたが、そうでなく「今日まで無事、息災」に過ごしてきたことへの「お礼」として神仏に差し出すことなんですね。

とすれば、「お賽銭」を投げ、「ニ礼・二拍手・一礼」したあと、もろもろのお願い事をしたところで、神仏は聞いてくれて無いってことになるんですね。


f0335773_16563240.jpg

人世の終末になって、初めてそのことに気付くことになりましたが・・・今までの数知れない「神社仏閣」への参拝と、それなりの合計金額の「お賽銭」の効果を、なんと解釈したらよろしいものやらと、本格的な「寒の入りもよう」の寒さの一日、馬鹿な思いを巡らしているところです。

<せめて、南無阿弥陀仏の六文字を、小さく口ずさむこの日です>・・・涙


[PR]
by karucyu | 2017-01-09 16:59 | Comments(2)

作家「宇江佐真理」を偲んで・・・2016年12月18日

昨年の11月に亡くなった「宇江佐真理」を、いま偲ぶのもおかしな話ですが・・・・・

氏のライフワークとも言われている作品「髪結い伊佐次捕り物余話」を読んでいるからです。この作品は、1995オール読物新人賞を受賞し、出世作となった「幻の声」から始まって、亡くなるまで執筆した「擬宝珠のある橋(20163月発売)」で終わっています。

f0335773_20521870.jpg

「幻の声」から「擬宝珠のある橋」まで16巻のシリーズものとなっています。主人公の「髪結い伊佐次とその妻、芸者お文家族」と「北町奉行所同心、不破友之進家族」を中心に物語が展開する、いわゆる「市井もの時代小説」です。

f0335773_20550090.jpg

2008年発売の第6巻目「君を乗せる舟(文春文庫)」までは、勢い込んで読んでいたのですが、なにやら興味が薄れて以降の巻を読むのを止めていました。

それから8年、冬になってアウトドアの機会も少なくなり、読書をする時間が増えてきました。そんな雰囲気の日々、ヒョイと書棚から引っ張り出して読み始めたのがこのシリーズの第7巻目「雨を見たか」でした。以来足りない巻を買い足してしっかりと読み続けているのです。

f0335773_20570698.jpg

1949年に函館で生まれ育って、201511月に亡くなるまで、執筆の場を函館から変えることがありませんでした。

作品は「髪結い伊佐次・・」ほか2つのシリーズものがあり、単作は1999年の第21回吉川英治新人賞を受賞した「深川恋物語」を初め、44作品にもなります。

その他アンソロジー作品が6作、エッセイ集が1つと、どの作品も多くの読者を惹きつけてやまないものがあります。

f0335773_20554342.jpg

ところが、調べてみるとこれほどの作家でありながら、不思議と「文学賞」に縁が薄いことが判ります。

あの「直木賞」には「幻の声」を含め6度も候補に挙がりながら、受賞はありません。

その他オール読物新人賞と吉川英治文学新人賞、山本周五郎賞が1回ずつ候補に挙がりながら受賞を逃しています。

f0335773_20564370.jpg

「文学賞」と言うものは、作品が秀逸であるかそうでないかの判断よりも、その時の出版業界の力関係や、選考委員の匙加減ひとつで左右されると以前から囁かれています。もちろん小説も芸術のひとつですから、選ぶ人や読む人の感覚で評価も違ってくるのは当然ですが・・・・・

f0335773_21004441.jpg

なににしても、直木賞に6度も候補に挙がりながら受賞ができなかった「宇江佐真理」の不運を、フアンの一人として嘆かずには居れません。

ちなみに氏の作品の文学賞受章は、

    1. 「幻の声」で1995年の75回オール読物新人賞受賞

    2. 「深川恋物語」で1999年の第21回吉川英治文学新人賞受賞

    3. 「余寒の雪」で2001年の第7回中山義秀文学賞受賞

となっています。


f0335773_20575976.jpg

乳がんを患いながら、淡々と執筆をつづけ、自身のライフワークと名付けた「髪結い伊佐次・・・」シリーズを未完に終わらせながらも、彼岸で笑みを漏らしているでしょう「故宇江佐真理氏」をいま想っているのです。


[PR]
by karucyu | 2016-12-19 21:01 | Comments(2)

北からの使者の正体は?・・・2016年12月12日(月)

今週の15(木)~16日(金)に、この国の首相の出身地「山口県・長門市」で、日ロの首脳会談が開かれます。すでに2日ほど前からロシアの随員の多くが乗り込んでいます。


f0335773_20354315.jpg

この会談が決まった時、この国の首相が言うには「「70年以上にわたり平和条約が締結されていない異常な状況を打開するためには、首脳同士の信頼関係のもとに解決策を見いだしていくしか道はない」と決意を示しました。

f0335773_20360700.jpg

とは言うものの、平和条約を締結し「北方四島」の返還を、話し合いのテーブルに乗せるために、実現すれば「総額17千億円」にもおよぶ「経済協力プラン」を提示したのです。

f0335773_20363351.jpg

プランは全18項目あって、サハリンと北海道を結ぶ橋の建設など、途方もない案も示されています。その他の項目の実現には「民間企業」の絶対的な協力が欠かせないようですが、なかなか乗り気になれないようです。

f0335773_20370544.jpg

今のところ領土については「二島返還」論が噂さになっていますが、イワン雷帝(在位1533年~1584年)それ以前から、シャカ力に領土拡張に走り、奪った領土は寸土も返還することが無かったロシアです。最近は独立したクリミアを奪って恥じるところがありません。

f0335773_20374128.jpg

まるで「狐のライネケ」を思わせるような、かの地の首相です・・・・・

鳥がさえずるように嘘をつき悪行の限りを尽くすライネケが報いを受けることなく終わってしまう、ゲーテの童話『ライネケ狐』を思い出さずには居られません。

f0335773_20463717.jpg

けっきょく「経済協力」だけを迫られて、「北方四島」の返還話は、ますますオホーッツクの海霧のかなたに霞んでしまうように思えてならないのです。


[PR]
by karucyu | 2016-12-12 20:41 | Comments(2)

北の大地の苦難・・・2016年11月19日

1010日に「鉄路が無くなります」と題しての日記を書きました。

この時点での鉄路の廃止表明は、ほんの一部の路線だけで、案でしかなかったのですが・・・

f0335773_20003051.jpg

この1118日に、JR北海道の社長が記者会見で「JR単独では維持が困難な路線」を10路線13区間として、抜本的な見直しを進める・・・と正式に発表しました。

 指摘された10路線13区間は、現在の全営業区間の半分に当たる計1237・2キロで、1987年の同社発足以来最大の構造改革になる見通しとのことです。

f0335773_19595617.jpg

国の支援金を受けて資金繰りを続けてきたJR北海道です。記者会見での社長が言うには「国の支援も税金、『バケツに穴が開いた』状態のまま税金を入れ続けると借金が膨らみ、民間の融資も受けられなくなる」と、危機感をあらわにし、鉄路の存続には大胆な見直しが不可欠との認識を強調していました。

f0335773_19592466.jpg

ただ、公表直前に廃線方針を伝えたり、収支面だけで路線存廃を判断するJRの姿勢に各自治体は不信感を募らせています。

道内の公共交通機関のあり方として、国や道が主導して検討すべきだとの声も根強く、これからの協議がスムースに進むかどうかは予断を許せません。

f0335773_20005191.jpg

にしても、以前にも述べたように、近い将来の「この国の食糧基地」として存在せねばならない北の大地の鉄路が半減するという事態は、「目先の損得」だけしか見ようとしない、現世の典型的なありように外なりません。

f0335773_19585435.jpg


[PR]
by karucyu | 2016-11-19 20:02 | Comments(4)