<   2015年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

1月もきょうで終りです。10日ほど前から日没時間が遅くなって、いくらか心に余裕(?)みたいなものが出て来ています。

f0335773_21293603.jpg

最低気温が—3.4℃、最高気温が+3.1℃とあたたかくなりました。
暴風雪は、はるか遠い道東地域(釧路・根室地方)を襲って吹き荒れていますが、
こちらの地域はいまのところおだやかです。あすはこちらでも影響が出てくるのでしょう。

f0335773_21281831.jpg

昼ごろに、ショッピングセンターへでかけ、簡単な買物をすませてきました。
冬の土日の大型店は、家族連れでにぎわっています。飾られている衣料品も多くは春ものに変わっていますが、この寒さではまだ手を出すまでには行かないようです。

f0335773_21290468.jpg


[PR]
by karucyu | 2015-01-31 21:31 | Comments(2)

きのうより暖かくなったというものの、あいかわらずづるづる歩道に難渋しています。
最低気温はー3.4℃、最高気温が+2.2℃ほどにもなりました。

f0335773_19473153.jpg

居住地の生活道路の「排雪作業」が始まりました。いわゆる「パートナーシップ」という行政と住民が費用をほぼ折半しあっての作業です。
冬の季節も半ば過ぎころに、この「琲雪作業」をやってもらわないことには、家の前の雪処理場所が無くなってしまうのです。


f0335773_20050213.jpg

この作業が始まると「春が一歩近づいてきた・・」という思いがするのです。
じっさいには、雪融けにはまだまだ三ヶ月もあるのですが。


f0335773_19483857.jpg

またまた明日からの週末に「暴風雪」の予報が出されています。天は北の地に味方をする気はさらさら無いようで、ふたたび旅行者の難渋を見ることになりそうです。


f0335773_19475614.jpg


[PR]
by karucyu | 2015-01-30 20:19 | Comments(4)

暖かく、雨降りのきのうから一転厳寒のいちにちとなりました。
最低気温は—7.1℃(きのうー3.2℃)、最高気温が—2.6℃(きのうは+4.7℃)

f0335773_19142172.jpg

ために、ぐちゃぐちゃ道は一転つるつるのスケートリンクのようになりました。
朝からの出勤の車両もさることながら、歩行者の難渋は測りしれません。
街なかと言わず、住宅街でもいちにちじゅう救急車が走り回っていました。凍った道路での転倒者の救出です。

f0335773_19155400.jpg

こんな日に、街なかへ用事があって出かけてきました。ついでに「北大植物園」で写撮りをし、道庁赤レンガ前を歩いてきました。
東南アジアからの観光客が多勢ではしゃぎ騒いでいました。雪景色と寒さが珍しいのでしょう。

f0335773_19151675.jpg

当然ながら、この寒さで地元の人はほとんど見当たりません。
明日も厳しい寒さが予告されています。

f0335773_19143932.jpg


[PR]
by karucyu | 2015-01-28 19:35 | Comments(2)

1月にしては妙に暖かいいちにちでした。最低気温は—1・8℃、最高気温が+3.7℃ほどにもなりました。
このあたたかさは、例年で言えばこちらでは3月半ば頃の気温です。
このあとの激変が危ぶまれます。

f0335773_21044311.jpg

こんな天候を逃す手はありません。さっそく10時ころから屋根の雪下ろしにかかります。暮れに一度下したのですが、例年に無い量、およそ1m50㎝ほどもあります。
総重量にしたら何トンくらいになるのでしょうか? ボロ屋が潰れかねません。
1時間少しの作業できょうのところは終了です。近ごろはあまりむりをしないことにしています。

f0335773_21051060.jpg

その後近くの医院で腰のマッサージをしてもらってきました。
午後3時半からは虫歯治療の予約じかんです。ひとしきり掘じられてまた次回です。
いつになったら歯医者から解放されるのか、見当もつきません(涙)


f0335773_21052200.jpg

帰り道、はやくも陽が暮れかかり、怪しげな雲に薄い日がチョッピリと射していました。気温がぐんぐん下がって、耳が冷たくなってきました。


[PR]
by karucyu | 2015-01-26 21:25 | Comments(2)

ようやく天候が回復し,陽も射し暖かい一日になりました。
最低気温は—4,6℃、最高気温が+1.6℃ほどにもなりました。

f0335773_20302721.jpg

こんな日は、さっそく雪処理作業となります。
玄関屋根にはうず高い雪山があります。きょうはこれを下に落として、その後あと処理となります。

f0335773_20301097.jpg

面積はそんなに広くはありませんから,雪落としは手間が要りません。
ですが、自分が落下しないよう、作業は慎重になります。このところ雪下ろし中の「事故」が多発し、大けがや死亡が報じられていますので・・・・

f0335773_20301983.jpg

下に落とした雪を積み上げるのが大変です。前述のように敷地脇の歩道上の堆雪場は「万里の長城」並です。1時間半かけて、何回も何百回も雪を投げあげて終了です。
雪国の戸建居住者の宿命ですが、疲れます。こんなときはマンション生活はフッと頭をよぎるのです。

f0335773_20294203.jpg

午後からは気分転換になるかと、大手スーパーへショッピングに出かけてきましや。


[PR]
by karucyu | 2015-01-25 20:54 | Comments(0)

きのういちにちじゅう降り続いた雪も、夜半に収まったようです。
気温も高めで、最低気温が—2.0℃、最高気温は+1.0℃にもなりました。

f0335773_21063826.jpg

朝からさっそく雪除けに精をだします。きのうは吹雪もようだったために、雪は玄関前に吹き溜まり、玄関ドアーや白壁に雪がへばりついています。

もうそろそろ雪を積み上げるスペースも無くなってきます。うず高くなった雪の堤防の上に投げ上げる作業は腰に堪えます。
街なかへ買い物でもと思いながら、ついつい休養のいちにちになってしまいました。
フイットネスジム行きも止めて、もっぱらTVのスポーツ観戦となりました。

f0335773_21455828.jpg

大相撲はきのうで白鳳の優勝が決まって面白みがありません。けっきょく「錦織」の全豪テニスの奮闘を応援することになりました。

f0335773_21062016.jpg



二ュースはあいかわらず「イスラム国による邦人誘拐」で覆われています。
解決の目途も立たず、安否も不明のようです。

「心根が優しく、人道的活動」をされている人が、無事解放されるようにと願う気持ちは変わりありませんが・・・・


f0335773_21483111.jpg

「イスラム国の極端派」が、ふつうの感覚や意識が通用しない「冷酷集団」であることは、幾多の西欧人処刑で先刻承知のところです。

f0335773_21461201.jpg

それをじゅうぶん解っていながら、理由はどうあれ近づく行為に納得できないところがあります。
ために、国家、国民が挙げてそれに力を注ぐことによる大きな損失も考えねばならない・・・と思ったりするのです。

[PR]
by karucyu | 2015-01-24 21:49 | Comments(2)

嵐の前の静けさと言うのでしょうか、夕刻に小雪が舞う程度で、風も無く比較的暖かい一日でした。
最低気温が—3.0℃、最高気温は+2.9℃にもなって、車道は雪解けでしぶきが上っています。

f0335773_21190040.jpg

暮れも押し詰まったころ、胃カメラを呑んで「胃の検査」を実施しました。
このとき「ピロリ菌の有無検査」も行いました。
それから約1ヶ月も経って、検査結果を聞きに医院へ行ったところ・・・
「ピロリ菌の保有者」との検査結果を突き付けられました。

f0335773_21192304.jpg

胃カメラ検査では特別なことは無いと言われていましたので「たかをくくって」いたのですが・・・・
医師が言うには加齢とともに「年齢と同じくらいの%で罹患者が居る」のだそうです。70歳代なら70%、80歳代ならおよそ80%の人々が「ピロリ菌保有者」になっているとのこと。


f0335773_21184709.jpg

だからと言って、とくべつ胃が痛むわけではなく、「菌退治」の薬を一週間分もらってきて、さっそく服用したところです。一週間の「一次撃退手段」で決着がつくのかどうか? いまはなんとも言えないところです。


[PR]
by karucyu | 2015-01-22 21:42 | Comments(4)

きのうまでの悪天候が一変して、あさから快晴・微風・・・と言った天候になりました。最低気温はー6.5℃、最高気温が+1.7℃と暖かめです。

f0335773_20452281.jpg

北の国の冬の天候の気まぐれさはいたしかたありません。朝に少しだけ、玄関前の除雪作業がありました。

f0335773_20450711.jpg

この日記を読んでくださっている「福岡のかわせいさん」から「スノートレ―」についてのご質問をいただきました。あまり雪に縁の無い地域にお住まいですから、聞きなれない言葉だったのでしょう。お調べになってお判りになったようですから祝着と言えます。

f0335773_20470216.jpg
<今季買い替えた冬靴です。右が私、左が家内のものです>


「スノー・トレッキングシューズ」もしくは「スノー・トレーニングシューズ」からの言葉と思えます。
雪国の冬には、長靴とともに欠かせない履物です。どんな雪道でも「沁みない」「滑らない」ことが求められます。スニーカーとは違います。


f0335773_20473408.jpg
<上の靴の底のすべり止めです。黄色い部分が固い樹脂製のもので、それなりの突起となっています。昔のころついていた金属スパイクは屋内の床を傷めることから、いまはほとんど使われていません>

初期のころは「スニーカーの親分」のようなデザインが主流でしたが、昨今はいろんなデザインで選択肢が多くなってきました。ですが一番のポイントは『滑り難い』ことです。

f0335773_20480063.jpg
<昨シーズンまで使用していたスノトレです>

スポーツシューズメーカーや、ゴム長靴メーカー、革靴メーカーなど種々雑多のメーカーがデザインと機能を競っていますが・・・・そのほとんどが「北国で生活したことが無い人たち」によるもののようで、とくに「すべり止め」の機能については,いまもってどれも満足できません。


f0335773_20482047.jpg
<上のスノトレの底面です。すべり止めが2~3年で摩耗してしまうのですが、本体は丈夫で、あと10年はじゅうぶん使用に耐えられます>

なぜか「北の国の靴メーカー」が本気を出して製造販売してくれないのです。
年々、すこしずつ良くはなってきているのですが、まだまだの感があります。
とくに年配者には、雪道での転倒で骨折、場合によっては死にいたる危険があるわけですから、行政も含めた「本格的な冬靴」の開発が望まれているのですが・・・

f0335773_19424583.jpg





[PR]
by karucyu | 2015-01-21 21:42 | Comments(2)


昨夜からの悪天候が続いています。
きょうも朝から吹雪もようでした。最低気温は—6.9℃、最高気温が—1.2℃ほどで、朝方は15~16mくらうの風を伴って吹雪です。

f0335773_20120747.jpg

こんな日はやっぱり休養と心に決めこんで、全豪テニスの「錦織」の応援です。
ランキング5位とは言え、相手もしたたかな選手です。3ゲーム先取で勝ったものの、どうもこの先の試合に不安を感じられます。がんばって欲しいものですが・・・

f0335773_20123589.jpg

午後に一回、玄関先の除雪をやってあとは休養の時間となりました。
あすもまた雪除け作業から始まるのです。


f0335773_20124612.jpg

[PR]
by karucyu | 2015-01-20 20:29 | Comments(2)

あいかわらず早朝の寒さはあるものの、日中は比較的暖かい一日となっています。
最低気温はー6.2℃、最高気温が—0.8℃です。

f0335773_21315714.jpg

陽射しがあるあいだに、車庫屋根の雪処理です。
この雪はしたへ落とせず、夜間の電熱ヒーター作動で少しずつ溶かすことになります。

f0335773_21314249.jpg

この市の現在の正式積雪量は「75㎝」と発表されています。
山すそにある、我が家の車庫屋根の積雪量は「125㎝」もあります(シーズン降り始めから一度も手をかけていない、マンマの積雪量です)

日々記入しています「気温値」も気象庁がある街なかの公式なものです。
我が家の居住地域では、公式値より年中「2~3℃」低いのです。

ことほど左様に雪との格闘が続くのです。


[PR]
by karucyu | 2015-01-19 21:45 | Comments(0)