かるさんの日々

karucyu.exblog.jp

変化の無い日々を一枚の画像と共に

<   2015年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

きのうの「口の永良部島」の火山噴火も、スイスの「FIFA」幹部の贈収賄摘発も突然でした。

f0335773_21233264.jpg


どうも、とつぜん発生する事例は「悪い方向のもの」ばかりです。
とつぜん「1億の宝くじ」が当たった、なんてことはまずありえません。


f0335773_21214211.jpg

先ほどの「小笠原諸島近辺」で発生した大きな地震は、あたりまえですがとつぜんの発生です。
夜中の地震ほど嫌なものはありません。周りが暗くて見えないと、不安や恐怖が増幅されます。

f0335773_21224486.jpg

ほとんど揺れを感じなかった「北の地」からいうのもなんですが、どうせとつぜん発生する地震なら、どうか昼間の明るいうちにお願いしたいものです。


f0335773_21245099.jpg

混乱や、被害を受けられた地域の皆様へ「お見舞い申し上げます」

[PR]
by karucyu | 2015-05-30 21:28 | 日記 | Comments(4)
遠い南の「口の永良部島」がけさ突然噴火しました。昨年にもなにがしかの噴火があったようです。その時は噴火警戒レベル3程度で噴火口から2kmの範囲を立ち入り禁止としていました。

f0335773_20161700.jpg


きょうの噴火で「噴火警戒レベルが5」に上り、全島民の島外避難となりました。
まだ耳新しい「箱根の大涌谷」、火山噴火で最高の犠牲者をだした「御嶽山」などなど,この国には「Aランク」と称される活火山が13山もあります。

f0335773_20160194.jpg


地下の「灼熱のマグマ」が動き出して所為か、きょうのこの地はこの季節としては気が早い夏日の29.6℃にもなりました。街行く人々もしっかりと夏もように早変わりです。

f0335773_20164647.jpg


このところ全道的に降雨が少なく、農家の「田植え」や野菜類の生育に支障を来しつつあります。いっとき「冷夏」になりそう・・・と言われていましたが、きょうのような暑さに見舞われると、本番の夏はどうなることかと、「酷暑、日照り」の天候を心配することになるのです。


f0335773_20172281.jpg




[PR]
by karucyu | 2015-05-29 20:18 | 日記 | Comments(2)
このところ好天が続いています。この地方では今週、来週末とが小学校の運動会の開催ピークとなっています。
ぜひともこの好天が続いて欲しいものです。

f0335773_20283081.jpg


きょうの最高気温が22.6℃もあって、公園でのテニスにはもってこいの陽気でした。
「全仏テニス」の錦織の活躍が、この国の多くの人々の話題になっています。
なかなか優勝カップ・・・とまでは行かないのでしょうが、健闘を願うところです。


f0335773_20281349.jpg

にしても、サッカー・ワールドカップを主催する「FIFA」の幹部の汚職摘発のニュースはおどろきでした。

前々からいろんな悪いうわさがあったにもかかわらず、摘発されずに逃れて来たようです。このたびの事件で驚いたのは、長い時間をかけて摘発までこぎつけた、米国の「黒人女性司法長官」の執念についてなのです。

f0335773_20285093.jpg

まるで、CIAや、FBIの映画を観るような、世界を股にかけた巨大な悪に立ち向かう姿は「一服の清涼剤」のように感じはしますが・・・・・


f0335773_20291102.jpg




[PR]
by karucyu | 2015-05-28 20:32 | 日記 | Comments(2)
大相撲夏場所がきのうで終りました。
注目の「関脇照ノ富士」が12勝3敗で初優勝しました。初土俵から所要25場所でのスピード優勝で、大関昇進も勝ち取りました。

f0335773_20382393.jpg

国産、古参3大関をしり目に物怖じしない堂々の優勝はあっぱれと言うほかありません。今場所の幕内番付表を見ますと、東西で42名の力士が名を連ねています。
その中でモンゴル勢をはじめとした外国人力士が17名もいます。実に40パーセントが外国人力士です。

f0335773_20385122.jpg

日本の国技とまで言われている「大相撲」が、いまやその看板を下ろして「スモウ・ワールドカップ」と銘打っても、なんらおかしくはありません。

f0335773_20392503.jpg


最高位の「横綱」はモンゴル勢に独占され、国産力士の昇進は望むべくもありません。
外国人力士のハングリーなガッツばかりが目につき、国産力士がなぜこうまで不甲斐ないのか・・・・


f0335773_20391066.jpg

憲法の改悪なんぞを論じる前に、国産力士の「やる気、根気、粘り」を植え付ける方法論こそ、国家を挙げて論じねばならない『危機感』があるのです。


f0335773_20383700.jpg





[PR]
by karucyu | 2015-05-25 20:41 | 日記 | Comments(4)
きのうと同じように暑いくらいの陽気となりました。最高気温が21.7℃です。いくらか風があってさわやかな感じの一日でした。

f0335773_21052278.jpg


大通り公園では「第57回さっぽろライラックまつり」が、この20日~30日の期間で催されています。

f0335773_21035424.jpg


このあたたかい陽気で、街なかのライラックは盛りを過ぎてしまいました。花を目当ての催しごとは開花に合わせるのが難しい・・・典型的な今回のまつりです。

f0335773_21042168.jpg


会場では併せて「全国ラーメンまつり」も催されていまして、快晴の土曜日とあって、多くの見物客でにぎわっていました。
なにせ「花より団子」でしょうか、どのラーメン店のブースでも順番まちの行列ができていました。

f0335773_21062211.jpg


炎天下で「ラーメンを食す」のはどうなんだろうと?と、横目に見ながら通り過ぎたところです。

f0335773_21070716.jpg

なにしろ、待ちに待った「春到来」です。北の地の人々は、なんにせよ「外の催し」に関わりたいのです。


f0335773_21032212.jpg

[PR]
by karucyu | 2015-05-23 21:34 | 日記 | Comments(2)

[幸せ色の丘」風景


Published by デジブック


今年で7年目の「菜の花まつり」です。 丘陵地に点在する「菜の花畑」は、総面積が日本一だそうです。

いまや、全国に紹介されて人気を得ています。外国人観光客にも知られているようで、けっこうの人数が訪れていました。

幸せの黄色と残雪の山々との風情をごらんください。
[PR]
by karucyu | 2015-05-21 09:50 | 日記 | Comments(0)
きょうは好天であたたかい一日でした。最高気温が21.1℃にもなりました。
この陽気にさそわれて「日本一の作付面積」を誇る「菜の花畑」の見物に行ってきました。

f0335773_21354714.jpg

札幌から北へ約100km,車でおよそ1時間30分くらいに位置する「滝川市の江部乙地区」という所です。
遠くに「暑寒別岳」を望む丘陵地帯に広がる、一大農業地帯です。
ここに農地を展開する農家の人々が、菜種油の採取のために作つけした「菜の花畑」が、いまや春の観光名所になっているのです。

f0335773_21275622.jpg

点在はしていますが、その聡作付け面積は『154.1ha』にもなります。札幌ドーム40ヶほどの面積とは言いますが、ピントきません。

f0335773_21270420.jpg

この地区は、全体がなだらかな丘陵地帯となっていて、平板な畑よりも「菜の花畑」が上から、下から眺められてもってこいの景観となっています。
それに、遠くの「暑寒別岳」や近くの「ピンネシリ山」の残雪が背景となって、景観は雄大さを表現してくれています。


f0335773_21281010.jpg
サクラと同じように、4月半ばからの暖かい天候で、菜の花の開花が例年より10日から2週間ッ近くも早くなって、ここでも主催関係者を慌てさせています。


f0335773_21290627.jpg
日曜日の、きのうの混雑ほどでもなく、ゆっくりと『幸せ色の丘』の菜の花畑を堪能してきました。




[PR]
by karucyu | 2015-05-18 21:40 | Comments(2)
きょうもいくらか寒さを感じる一日でした。なにせ風が強く、公式記録の16.9mをはるかに超えていたように思います。
最低気温は7.8℃、最高気温が16.1℃ほどでした。

f0335773_20574698.jpg

雪が熔けて、花の季節になる5~6月は、道内を訪れる観光客が増大します。
さくらの名所観光からはじまって、ライラックまつり、YOSAKOIそーらんまつり、大通りのビヤガーデン開催などなど、目玉の行事が目白押しになります。

f0335773_20583171.jpg

全国てきな傾向ですが、外国からの観光客が激増しています。
ごたぶんにもれず、道内もその恩恵に深くあずかっています。経済的に言えばまったくありがたいことですが・・・・


f0335773_20575733.jpg


このところ、温泉ホテルもビジネスホテルも、わたし達が利用するための確保が難しくなってきています。官民挙げての「外国人観光客大歓迎」の合唱は、庶民のささやかな旅心も奪ってしまいかねません。

f0335773_20581664.jpg

観光バスも大幅に不足し、増車を申請しても肝心な「運転手」があつまりません。あいかわらず過酷な労働条件と低賃金で、ついこのあいだまでは離職する人が多かったのですから、急の場には間にあいません。

f0335773_20591611.jpg

せっかく確保した温泉ホテルも、「団体外国人観光客の騒音」で、休まる一瞬もありません。

f0335773_21000829.jpg

この世の中、庶民にとって「円安」傾向が、身方となるのか敵になるのか・・・・
難しいところなのです。







[PR]
by karucyu | 2015-05-17 21:08 | Comments(0)
あれほど暖かい、気温が高いとさわいでいましたのに・・・

f0335773_20243108.jpg

どういういきさつか、今週は寒い日がr続いています。
きょうの最低気温が7.45℃、最高気温は11.7℃にしかなりませんでした。

f0335773_20252922.jpg

この低い気温のおかげで、庭の草花の寿命が延びています。
5月20日~5月31日の間に、大通り公園の「さっぽろライラックまつり」が開催されることになっていますが・・・・

f0335773_20061285.jpg

このあいだまでの暖かさで、大通り公園のライラックはほぼ満開状態で、一部は咲き終わってしまった木々もあります。

f0335773_20054841.jpg

今週の低気温で、いくらか持ち直すかもしれませんが、このところ花にまつわる各行事が、開花とずれてしまって主催者を慌てさせています。

f0335773_20065585.jpg

地球の温暖化傾向は、長く続いてきた「諸行事」の行方すら、大きく変えようとしています。



[PR]
by karucyu | 2015-05-15 20:27 | Comments(0)
台風6号が「温帯性低気圧」に変わって、足早に列島を駆け抜けていきました。
通過地点で被害に遭われた地域の人々にお見舞いを申し上げます。

f0335773_17264526.jpg

台風や箱根の火山活動に気を奪われていましたら、いきなりまたまた東北の地震です。
大震災から4年も過ぎて、悪夢から早く逃れたいと思っている被災地のみなさんにとって、身も心も震える「地震の襲来」だったことでしょう。
どうやら今回は、人的被害もほとんど無かったようで、なによりと言ったところです。

f0335773_17500760.jpg

さて、晴れたかと思ったら、とつぜんけっこうな雨もようになるきょうのこの地の天気です。これも上空で寒気と暖気がぶつかっているためで、間接てきに台風の影響かとおもわれますが・・・

f0335773_17504769.jpg
  <今年のツバキの花>


雨降りと晴れの合間に見回す我が家の庭に、寒冷地にはまれな「ツバキ」が咲き誇っています。
冬はしっかりと雪囲いをほどこしてぃて、大切に育ててはいるのですが、例年数個の花しかつけてくれません。

f0335773_17233099.jpg
<昨年のツバキもよう>

ところが今年はどうしたことか、数えることも困難なほどの花をつけ、驚かせてくれています。もしかしたら「寿命が尽きる最後の燃焼」では?・・・などといらぬ心配をするほどの変身ぶりなのです。

f0335773_17281254.jpg
これも天候異変にτつながるのか・・・
なにか悪いことが起きないように願いながら、庭をひと巡りしたところです。


[PR]
by karucyu | 2015-05-13 18:01 | Comments(2)

変化の無い日々を一枚の画像と共に


by かるさん