<   2015年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いくらか気温も上がって、12.6℃ほどになりましたが、あいかわらずの雨もようでパッとしない日曜日となりました。

f0335773_21114450.jpg

どちらの庭を覗いても、すっかり「冬囲い」が終わったようで、にぎやかさはありません。わずかに刈りのこされた「残菊」の明るさが、目を慰めてくれます。

f0335773_21122415.jpg

人々の冬支度もほぼ終わる頃ですが、本格的な雪の季節を目の前にして、あらたに「防寒・すべり止め靴」の選択に余念がありません。
きょうの大型スーパーの店内は、冬物衣料を探す人より、防寒靴を選ぶ人の方が多いようです。

f0335773_21125013.jpg

そんな人々をかいくぐって、我が家の老夫婦も「できるだけ滑らない靴」を買い求めて帰ってきたところです。


[PR]
by karucyu | 2015-11-15 21:13 | 日記 | Comments(2)

朝の最低気温が0.1℃ほどの冷たさでしたが、日中は好天になって最高気温が10.5℃にもなりました。

f0335773_20161945.jpg
このところ寒雨などで、中止になっていた公園テニスができました。この季節、少しでも晴れ間が出たら集まることになります。もうこれから幾日集まれるのか・・・
とは言え、きょうは病院への予約日と重なって、参加を見送らざるを得ませんでした。

f0335773_20162970.jpg
コート仕舞もあと数日のちになり、やがて白一色の雪景色がやってくるのです。

f0335773_20165639.jpg

[PR]
by karucyu | 2015-11-13 20:18 | 日記 | Comments(2)

きのうからの雨が、朝のうち小雨に変わってきました。最低気温が3.0 ℃と寒さが厳しくなって来て、それに加えて北風が14.3 mほどの強さで、いっそう寒さが身に沁みます。

f0335773_17465717.jpg

昨夕はフィットネスジム仲間の、定例呑み会の日でいくらか盛り上がって帰宅したところです。
この集まり、すでに20年近くも続いています。メンバーもそれぞれ加齢を重ね、飲酒・飲食の量も減ってきています。

f0335773_17471256.jpg
いつも「飲み放題」の定額料金で運営されていますが、ここへ来てそれぞれの量を減らし「減額モード」でやって行くとの持ち回り幹事の配慮に、万雷の拍手が送られたところです。

f0335773_17463145.jpg
さすがの「酒豪連中」も寄る年波には勝てないと言うところでしょうか?

[PR]
by karucyu | 2015-11-11 17:48 | 日記 | Comments(2)

きのうと比べて暖かい一日になりました。最高気温が11.7℃と6.2℃も高くなりました。

f0335773_17541060.jpg

とは言え、朝方の冷たい小雨で公園テニスは中止です。時間とともに陽が差してくるのですが、気温が低くもはやテニスコートは、乾かず仕舞になります。

f0335773_17520828.jpg

冬囲いもほぼ終わり、枝を切られたサクラの木がうらぶれて見え、立冬の風情をいやが上にも醸し出してくれています。

f0335773_17525088.jpg
唐突ですが・・・・
11月10日は「俳優・高倉健」が亡くなってちょうど一年になります。
TVはさかんに追悼特集を組んでいます。BSNHKでは幾本かの主演映画を放映しています。

f0335773_17534130.jpg
暗い初冬の空を眺めながら、「居酒屋兆治の大原麗子」「駅STATIONの倍賞千恵子」「夜叉の田中裕子」たちの、どうにもならない運命を生きる女を演じるシーンのあれこれを、ふと思いだしたりするのです。

[PR]
by karucyu | 2015-11-09 17:57 | 日記 | Comments(2)

雪が降るような予報でした。いまにも落ちて来そうな空でしたが、どうやら持ちこたえてくれました。
気温は低く、最高で5.5℃です。雪が舞ってもちっともおかしく無い気温です。

f0335773_22541163.jpg

きのう枝切りをしたサクラの木です。寒々と裸の姿になって、かわいそうな雰囲気です。きょうは午前中から、この切り枝の処理です。

f0335773_22542295.jpg

細かく切り刻んで、指定日にゴミステーションへ出す準備です。
掃き溜めた落ち葉の袋(40L)もたくさんあって、作業小屋になっている車庫もかなりこれらに占拠されています。
f0335773_22544965.jpg
指定日に運び出すのも一苦労になりそうです。



[PR]
by karucyu | 2015-11-08 22:56 | 日記 | Comments(2)

4日、5日とあたたかい陽気が続き、最高気温が18℃にもなって快適な日を過ごすことができたのですが・・・・

f0335773_16155261.jpg

この時季の天候はなかなか油断がなりません。
けっきょく、きのう(6日)あたりから予報通り寒さが襲ってきました。
降雪のムードも漂って、雪虫がさかんに飛び回ります。

f0335773_16161494.jpg

きょうの最高気温は6.4℃にしかなりません。庭のソメイヨシノの葉もほぼ落ちつくして、庭ぜんたいが寒々としてきました。そこできょうは伸びきった枝切りに精を出しました。

f0335773_16154149.jpg

毎日のように掃き集めた「落ち葉掃除」もきょうあたりで卒業できるかもしれません。
ときおり吹いてくる北風が、一段と身に沁む一日となりました。

f0335773_16164098.jpg


[PR]
by karucyu | 2015-11-07 16:18 | 日記 | Comments(4)

不思議と11月3日の文化の日の祝日は、好天に恵まれます。
きょうは風もさほど無く、最高気温が14.1℃と絶好の「庭仕事日和」です。
のびのびと身体が動き、残った木々の「冬囲い」を完了させました。

f0335773_19395846.jpg

皇居では「文化勲章親授式」が行われ、各界の重鎮、功労者の晴れ姿が映しだ出されていましたが・・・・

f0335773_19402033.jpg

69年前のこの日(昭和21年11月3日)、現日本国憲法が公布されたのだそうです。
いまこの国では、憲法解釈の違いでせめぎ合いが続いています。
占領軍から与えられた憲法であったとしても、69年間もの長いあいだ直接的戦火の被害を被らなかったのは、「戦争を放棄する」と明言されたこの憲法があったからに他なりません。

f0335773_19391615.jpg

現憲法が、たしかにいまの日本の状況に合わない部分があったにせよ、「戦争放棄」のこの一点だけは、なんとしても守らねばならないと・・・きょうの「文化の日」に改めて思ったりするのです。

f0335773_19385921.jpg





[PR]
by karucyu | 2015-11-03 19:41 | 日記 | Comments(2)

きょうも風がおだやかで、きのうとほぼ同じほどの12.6℃という温かい陽気の一日でした。

f0335773_20195604.jpg

久しぶりに「公園テニス」に参加して汗を流し、午後からは庭木を数本冬囲いしてやりました。むかしと違って一気に完成させる元気がなくなって、日数はかかりますが、少しずつ手をかけるようにしています。

f0335773_20201799.jpg

世間は相変わらず「くい打ち不正」の報道で持ちきりです。
同じく「不正」というくくりのニュースで、久しぶりにSTAP細胞問題の「小保方氏」が登場しました。

f0335773_20191365.jpg

きょう、早稲田大学が記者会見し、2011年に提出された小保方氏の、博士号取得論文にも不正があって、一年間の再提出の猶予期間をあたえた。でもそれが実行されなかった・・・・
ために、「小保方氏の博士号」を取り消すとの内容です。

f0335773_20210305.jpg

栄光の座から、一転「ふつうの人」になった小保方氏の「STAP細胞」存在論は、いったいなんだったのか? いまだわたし達の気持ちの中に、謎のまま残っているのです。

f0335773_20203970.jpg

[PR]
by karucyu | 2015-11-02 20:23 | 日記 | Comments(2)

11月の初日はあさから快晴です。最高気温も13.0℃ときのうより5℃ほども違って温かい一日になりました。

f0335773_17025922.jpg

こんな日は、庭の冬支度に絶好な日よりなのですが、もう一人の孫娘の「学習発表会(学芸会)」の参観となります。

f0335773_17045868.jpg

これは春の大運動会と並んで、小学校の二大年間行事で、子どもたちの晴れ舞台です。運動会の会場と同じく、子どもたちの人数の数倍という「父兄、爺婆」で講堂は満員になります。

f0335773_17065333.jpg


この発表会も運動会と同じく、全員参加が原則のようで、一つの役を数人で入れ代って演じることになり、全員がなにかの役につきます。
希望の役につくには「エントリーの上、オーデション」があるのだそうです。

f0335773_17051280.jpg

当たり前のことですが、私たちの子供のころとは段違いの傾向で、隔世の感がするのですが・・・・
それでも、子どもたちの堂々と物怖じしない演技に、大きな拍手を送って嬉しいひと時を過ごす「爺婆」の姿がそこにあるのです。

f0335773_17033071.jpg

[PR]
by karucyu | 2015-11-01 17:08 | 日記 | Comments(2)