かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

4月の終わりに・・・2016年4月30日

この日記も半月ぶりになりました。
野暮用を終えて、26日に急ぎ帰宅したのですが、この2~3日の寒さに負けて、風邪を引いたようです。

f0335773_22130744.jpg

きのうの29日は、3ヶ月ごとの定期検診を受けてそのまま寝込んでしまいました。
きょうも日中は布団の中でごろごろの状態でした。
夕刻ころからいくらか楽になって、いまPCに向かっているところです。

f0335773_22134076.jpg

九州地区の地震は、あいかわらず終息の気配も見せず、被災地の皆さんを困らせています。被災された人々が、一日でも早く安寧の日々を送ることができますよう願っています。

f0335773_22140040.jpg

にしても、北の大地は「サクラ前線」がやっと到着したと思ったら、思わぬ「暴風雪」に見舞われてしまいました。
GW.で旅を楽しもうと来道された観光客の皆さんには、なんともお気の毒な天候になりました。ですが、北の地ではこの時期の降雪はそう珍しいことではないのです。

観光客のみなさん、事故のないようじゅうぶんお気をつけてお楽しみください。

[PR]
by karucyu | 2016-04-30 22:15 | 日記 | Comments(3)

クラーク博士の目覚め・・・2016年4月13日

「ウイリアム・スミス・クラーク博士」は、マサチューセッツ農科大学(現マサチューセッツ大学アーマスト校)の第3代学長をしていましたが、日本の明治政府の熱烈な要請を受けて、札幌農学校教頭として赴任してきました。

f0335773_21195266.jpg

明治97月から、翌10年の5月に離任する約10ヶ月の短い期間に、この国の農業に大きな貢献を残し、たくさんの偉大な子弟を育てました。

f0335773_21200933.jpg

札幌を離れる日に、現北広島市島松で見送りの子弟に残した『ボーイズ・ビー・アンビシャス(青年よ大志を抱け)』という言葉は、いまも北の大地の人々の心に残っています。


f0335773_21203208.jpg

観光で「羊が丘展望台」を訪れた方は、北の大地を力強く指差す博士の銅像の前で記念写真を撮られたことでしょう。


f0335773_21205934.jpg

このたび、博士が名言を残した場所が「北広島市松島」であったことを、もっと知って貰おうと、市民有志が「クラーク博士との別れの地普及促進会」を、この24日に発足させることにしたとのことです。

このニュースを読んで、遅過ぎではありませんか?・・・と一言申し上げたいところなのです。

<明日14日から、またしばらくお休みします>


[PR]
by karucyu | 2016-04-13 21:23 | Comments(3)

のんびり休息日としました

金曜日の夕刻から、変な頭痛がして、やたら鼻水がでてきました。
熱は無さそうなのですが、どうやら風邪を引いてしまったようです。

f0335773_20435921.jpg

雪が溶けて、暖かい日が続いてきたところから、油断があったようです。
9~10日と二日間、のんびりと休養をとることになりました。

f0335773_20442606.jpg


[PR]
by karucyu | 2016-04-10 20:46 | 日記 | Comments(4)

巨匠の絵画鑑賞・・・2016年4月6日

きょうは総合病院で「眼の検診」の日です。先の31日に「眼球注射」を施した、その後のようすを検てもらうのです。
結果はかなり良好ということで、ひと安心して病院をあとにしました。

f0335773_20421319.png
それにしても、きょうはどうしたことか、待合室ベンチは「患者」であふれかえっている始末です。予約制で、比較的スムースに流れるこの眼科部ですが、どうやら医師に緊急な仕事が入ったらしいのです。けっきょく「3時間待ちの3分診察」となってしまいました。

f0335773_20424929.png
終わって「近代美術館」で開催されている「横山大観展」を観てきました。
六曲一双の「紅葉」を中心に、50点の作品が展示されていました。名画にそれほど知識があるわけでもないのですが、さすがに「巨匠」と言われる人の作品は、なかなかのもです。

f0335773_20431959.png
作者の偉大さもさることながら、これらを含めたたくさんの「大作画」を収蔵しているという「足立美術館」のすごさを、あらためて思ったところです。

<画像は拝借ものです>

[PR]
by karucyu | 2016-04-06 20:46 | 日記 | Comments(4)

久しぶりに河畔の散策を・・・2016年4月4日



風も弱く、最高気温が13.1℃と暖かい一日となりました。

f0335773_20021463.jpg
ほぼ4ケ月も歩けなかった、河畔の散策道も雪が溶けてジョギングの人々が行き来しています。
ですが、林の中や道の端にはかなりの雪が残っています。さすがに山裾の地域だけあります。

f0335773_20023413.jpg

さわやかな風に誘われて、柳の芽吹きのようすや雪解けの渓流が勢いよく流れる様をカメラに収めてきました。

f0335773_20025253.jpg









[PR]
by karucyu | 2016-04-04 20:06 | 日記 | Comments(2)

暖冬のようでした・・・2016年4月3日

 道内は「暖冬少雪」のまま春を迎えました。
冬型の気圧配置が長続きせず、寒気も弱かったためとのことです。

f0335773_20012713.jpg

昨年11月からの累積降雪量は道内の118観測地点のうち帯広と苫小牧、日高管内新ひだか町静内を除き、大半の地点で平年を下回りました。

 気象台によると、最高気温が0度未満の「真冬日」は今冬、札幌で平年より5・4日少ない43日、旭川で14・5日少ない64日、函館で8日少ない25日だったようです。

f0335773_20011437.jpg
 

 昨年11月から3月末までの降雪量は札幌で428センチと平年比74%にしかなりませんでした。苫小牧と帯広は平年の1・1倍だったそうです。

 主要22観測地点の3月の降雪量も平年比41%と、2008年の22%に続き1961年の統計開始以降で2番目に少なく、日照時間がかなり多めだったようです。

f0335773_20005808.jpg
シーズン前の予測通り「暖冬」だったと言えるのでしょう。
<雪の画像は、3月半ばの住宅地のようすです>


[PR]
by karucyu | 2016-04-03 20:07 | 日記 | Comments(4)

新年度のはじまり・・・2016年4月1日

いよいよ4月です。

このところの暖かさで、庭の雪の嵩も減ってきました。もちろん街中は公園の芝生の上を除いては、雪のかけらもなく埃が舞っています。

f0335773_20172636.jpg

きょうのニュースはJALのシステム故障による混乱以外は、企業や役所の入社・入所式の話題一辺倒になりました。

f0335773_20164195.jpg

4月1日のこの日だけは、エプリルフールで戯れるよりは、数十年前社会に踏み出す初めての儀式だった入社式の様子を鮮明に想い出すのです。たしか就職難の時代だったような記憶があるのですが・・・・。

f0335773_20162753.jpg




[PR]
by karucyu | 2016-04-01 20:19 | 日記 | Comments(2)