かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「惚けもん」の困惑・・・「ポケモン」に思うこと   

世界的なテロ騒動や、オリンピック出場停止問題の話題を通り越して、昨日あたりからなにやら怪獣めいたものが街中に現れて、人々が追っかけまわしています。

追っかけに夢中になって、通行人にぶつかったり立ち入り禁止地域に紛れ込んだりと、こちらも世界的に物議を醸しだしています。

f0335773_14384230.jpg



どうやらスマホを使って遊ぶゲーム「ポケモンGO」とやらに世の中が騒然となっているようです。今の世の中、スマホを中心に回っているように思われて仕方ありません。 通信に情報取得に遊びに・・・あらゆる人々が昼も夜も、乗り物中でも歩きながらも「スマホ操作」に余念がありません。

f0335773_14382884.jpg

人差し指か中指を、繰って繰って、さらに繰って・・・・いったい何を見ようとしているのやら  ?「ポケモンGO」の配信で、世界的に人類の総てがと言っていいほど、右往左往させられようとしています。

f0335773_14385360.jpg

スマホにも縁がなく、あいかわらず「ガラパゴスケータイ」で、それも数日に一回程度の受送信でことが済んでいる私たち「惚けもん」には、きょう日のスマホを巡る狂想曲には、付いてもいけませんし、付いて行こうとも決して思わないのです。


[PR]
by karucyu | 2016-07-23 14:42 | Comments(3)

褒めていいのかどうか?・・・2016年7月9日



 
相変わらず、全国的に「特殊詐欺」の被害例がニュースになっています。

75日、札幌市内の80代の男性が、息子を名乗る電話によって「1500万円」を騙し獲られました。例によって自宅近くまで取りに来た「受け子」が、身分をはっきり名乗らなかった・・・ということからとっさに「ケータイ写真」を写しておいたのです。

f0335773_13041444.jpg

ご多分に漏れず、息子に電話して「騙された」ことがわかって、ケイータイ写真とともに警察へ被害届を出しました。

f0335773_13044554.jpg


「受け子」の顔が鮮明に写った、その写真はすかさず報道に乗せられ、多くの市民が知ることになりました。

けっきょく7日の夕刻、市内のJR駅に居るところを市民に感づかれ、御用となりました。

f0335773_13053502.jpg


「特殊詐欺の受け子」が捕まる例はままありますが、こうまで「姿がはっきりと」捉えられたのは珍しいようです。被害男性の「用意周到さ」を褒めてやりたいところですが・・・・・・

f0335773_13052296.jpg


この男性、最初の電話からもっと「用意周到」に対処していたら、1500万円もの大金を失わずに済んだでしょうに、と切に思うところです。

にしても、1500万円の大金を、わずかな時間で見ず知らずの他人に渡せる財力に、恐れ入るばかりの自分です。

f0335773_13060132.jpg


[PR]
by karucyu | 2016-07-09 13:08 | 日記 | Comments(4)

数十年ぶりの河口湖・・・2016年7月3日

先月の長旅中に、もう一つの小旅行がありました。

f0335773_20444125.jpg

高速バスを利用しての「河口湖、湖畔めぐり」をしてきました。
およそ40数年ぶりの河口湖です。
若いころ連れて行ってくれる人が居て、夏になるとこの湖で「水上スキー」の練習をしたものです。

f0335773_20440826.jpg

なかなか上手くなれず、立ち上がったと思ったら水中に頭から落ちていくありさまで、さして楽しかった思いがありません。

f0335773_20454942.jpg

湖畔の趣は、当時のようすとは比べる様も無く変わっていました。
湖畔をめぐる道路は、立派に大きく舗装されています。砂と小砂利だけだった当時の道路の面影はありません。

f0335773_20452735.jpg

しゃれたホテルや、食事処が立ち並んでいます。
それよりも観光客(アジア系の若者ー女子が多い)の賑わいには驚きました。

f0335773_20435540.jpg

ここでも「浦島太郎」のごとく「訪れてびっくり」が連続するのです。
朝からの雨も上がって、湖の向こうに「富士山」が顔を出し始めました。




[PR]
by karucyu | 2016-07-03 20:49 | 日記 | Comments(4)

羽黒山五重塔への参拝 ・・・ 2016年7月1日



7
1日、今年も後半に入りました。

先週の長旅の中に、山形へのバス旅行が組まれていました。

酒田の「山居倉庫」や、いま話題の鶴岡「加茂水族館」などを廻って、「出羽三山」のうちの「羽黒山」を訪れてきました。


f0335773_14424741.jpg


ここへは十数年前に、故郷の兄弟が元気だったころにドライブツアーをしたところです。

f0335773_14431427.jpg

山頂の駐車場から程遠からぬところに、国指定重要文化財の「羽黒山三神合祭殿」があります。


f0335773_14420660.jpg




茅葺木造建造物としては日本最大の大きさを誇り、月山、羽黒山、湯殿山の神々が祀られています。ですから三山それぞれをお詣りしなくても、この合祭殿で一度で済ませる便利さ?があります。

参道2kmの途中に、「平将門創建」と伝えられている国宝の「五重塔」が杉木立の中に荘厳に立っています。

f0335773_14434719.jpg


老婦人作家の「久木綾子氏」が取材14年、執筆に4年を要したという力作「見越しの塔―周防の国五重塔縁起―」に続いて発表した作品が、この羽黒山の五重塔を題材にしたものでした。

「禊の塔―羽黒山五重塔仄聞」と言う小説です。


f0335773_14444559.jpg

「出羽三山」や「最上川」などなど、出羽の国・山形は観るに値するところが数多くあるのです。


[PR]
by karucyu | 2016-07-01 14:51 | 日記 | Comments(2)