できるだけひっそりとしています。

年中「GW.連休」のような環境にいる人たちは、この期間中は出来るだけ動かないようにします。

どこへ行っても混んでいますし、交通費はともかくとしても、食事や宿泊費、入場料などは値段が上がります。
f0335773_21464194.jpg


なによりも、普段働いている人々への遠慮、若い家族の団らんへの思い遣りが先に立つのです。

けっきょく、好天のもと、近所の公園や丘陵地帯、河畔への散歩程度になるのです。
f0335773_21471753.jpg


それでも、動けることの幸せを感じることが大切なのだと思ったりするGW,なのです。

f0335773_21484519.jpg

[PR]
# by karucyu | 2014-05-05 21:49 | Comments(0)

花の鑑賞ツアー最後の場所は、「北の嵐山」からほど近い「男山自然公園」です。
f0335773_1947056.jpg

酒造会社「男山酒造」が所有する、起伏のある300mほどの丘陵全体が、「カタクリの花」で覆われています。

手入れも行き届いていて、道内一のカタクリ群生地と言われています。
f0335773_194976.jpg

カタクリの以外に「エゾエンゴサク」「エゾノリュウキンカ」「フクジュソウ」「ミズバショウ」などなど・・・

雪が熔けてすぐに花ひらくたくさんの植物でにぎわっています。
f0335773_19495736.jpg

ですが、全山を圧倒する「カタクリ」は見ごたえがあります。

10万本に1本出るかどう・と言われる「白いカタクリの花」を見つけたら幸運が・・・などと言われました。
f0335773_19504476.jpg

ここで2本も見つけてしまい、これで今年の運は終わってしまいそうです。

たくさんの花々に酔いしれ、小雨降る高速道をバスは順調に走り、無事に帰ってきました。

f0335773_19513790.jpg

[PR]
# by karucyu | 2014-05-04 19:52 | Comments(0)

深川の丸山公園からほぼ一時間、旭川市に入ります。
市の入り口にほど近いところに「北邦野草園・北の嵐山公園」があります。

京都の嵐山の風景に似ている?所から「嵐山公園」と名付けられたそうです。

ここは、かってアイヌ民族の居住地で、いまも聖地としいて祭祀が行われるところのようです。

ここには「福寿草」「ヤチブキ」「ミズバショウ」「えぞエンゴサク」「エゾイチゲ」などが、雪融けを待ちかねて咲い
ていました。
f0335773_178089.jpg
訪れる人も少なく、静かなたたずまいの公園です。
f0335773_17115137.jpg

[PR]
# by karucyu | 2014-05-04 17:09 | Comments(0)

きのう3日は、日帰りで「カタクリ鑑賞ツアー」に行ってきました。

遅く帰って来たので、疲れてしまって日記は今日になりました。

行先はさっぽろからほぼ1時間半~2時間ほどの「深川市、旭川市」の公園などです。

公園と言っても街はずれの、ちょっとした丘陵を手入れした程度のもので、ほぼ自然のままです。

そんな丘陵の林の下草が刈られて、長い年月の間に「カタクリの群生地」として春先の名所になっています。
f0335773_16432643.jpg
「砂川ハイウエイオアシス」というSAで休憩を取りながら、最初の「カタクリ鑑賞」は深川市郊外の「丸山公園」です。
f0335773_1638840.jpg
公園丘陵の上に寺院の奥ノ院風があり、ご詠歌の流れています。

道端のお地蔵さんも、カタクリの花に囲まれていました。
f0335773_1641056.jpg

[PR]
# by karucyu | 2014-05-04 16:41 | Comments(0)

あいかわらずの好天、高気温です。
GW.を迎えて、行楽にはもってこいの陽気です。

ですが、こうまで雨が降らないと、この時季作付が本格的になるお百姓さんが困ります。

「暑すぎる夏!!」を迎える前に、農産物の不作がいまから予想されます。

天上の神さま、少しでよろしいですから「雨を降らせて」いただけませrんでしょうか??と願うところです。

我が家の庭の草花も、一気に花開いてにぎわってきました。画像は庭での「今朝撮り」です。
[PR]
# by karucyu | 2014-05-02 21:29 | Comments(1)