どうも良くわかりません・・・2018年1月27日

――仮想通貨という名の通貨について――

仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京)は26日、取り扱っている仮想通貨の一種「NEM(ネム)」約580億円分が、不正アクセスで外部に送金され流出したと発表しました。送金されたのは全て顧客が保有している通貨だそうです。

f0335773_21543184.jpg

仮想通貨と言えば「ビットコイン」というのが自分の頭の中に入っていて、「ビットコイン」の呼び名で総称されると思っていましたが・・・・

そうでは無くって、仮想通貨は「通貨取引所」の裁量で、いろいろな名称があることが判りました。

f0335773_21550194.jpg

円や$、などの従来通貨は、曲がりなりにも「国家」が保証して信用が維持されている通貨です。

しかし「仮想通貨」は、「通貨取引所」と称する「企業?」のようなところが保証の裏付けとなっているのかどうか?・・・そこいらがどうも良く判らないのです。

「仮想通貨」も、円などの通常通貨と同じように、売り買いすることで利益を得ることができるようです。

f0335773_21551165.jpg

とにかく通常通貨よりも、扱いに国家や銀行などを介入させないことで、簡便で手数料などが不要だとして、ますます使用が広まる傾向だそうです。

それにしても、一瞬のうちに「580億円分」の大金が失われた(盗まれた)と聞けば、「仮想通貨」の世界は、なんとも恐ろしいものだと思わずには居れません。

f0335773_21553217.jpg

想い出すのは1968年(昭和43年)12月に起きた「3億円事件」のことです。

当時の3億円といえば、現在の値で「2030億円」ほどになるのだそうです。

この事件解決のために、容疑者リストに挙がった人数が11万人、捜査に当たった警察官が延べ17万人だったそうです。

けっきょくこの「3億円事件」は、1975年(昭和50年)12月に公訴時効が成立(時効期間7年)しました。

さらに1988年(昭和63年)12月に民事時効が成立(時効期間20年)し、日本犯罪史に名を残す未解決事件となりました。

f0335773_21573285.jpg

3億円事件」から50年が経ったものの、「580億円」の盗難事件となれば、たとえ「仮想通貨」というピント来ないものだとしても、『これは大事件かな?』と思ったりするのです。


[PR]

# by karucyu | 2018-01-27 21:58 | 日記 | Comments(4)

平成30年の年明けに・・・2018年1月1日

f0335773_19113209.jpg
いつもと変わらぬ夜が来て、浅い眠りから覚める朝に特段変わったことはありません。

ですが、暦の年号は変わって年の初めを迎え、なにやら厳粛な気分になるから不思議なものです。



さて、始まるこの一年、この世は吉と出るのか凶が蔓延するのか、できれば「すべてのことに吉が勝りますように」と、初詣の社に無けなしのお賽銭を投げ込んだりするのです。

ことしも、なにぶんのご厚誼をお願いするところです。

f0335773_10125074.jpg


[PR]

# by karucyu | 2018-01-01 10:14 | Comments(4)

歳の終わりに・・・2017年12月31日

世界を見渡しても、国内の世相を見ても波乱万丈気味でした「2017年」が今日で終わりです。

民族対立、宗教対立、貧富の対立・・・と、人間社会は何千年経っても「争い」から抜け切ることができません。

であればこそ人は「新しい年には・・・」と、叶わぬまでも望みを見出したいと願わずには居れないのです。

f0335773_10094585.jpg

殺伐とした大量殺人事件、親が子を殺し、子が親を殺め、老人を騙して富を奪い取る詐欺師集団、基幹産業に属する大企業の不正と隠ぺいの連続、そして「富の偏差」が続くこの国です。

落ち目傾向のこの国の明日に、果たして光明があるのかどうか・・・危ぶみながら今年最後の一日が終わろうとしています。

f0335773_10083481.jpg

このページに足を運んでくださった皆さんに、一年間のご厚誼のお礼を申し上げます。ありがとうございました。


[PR]

# by karucyu | 2017-12-31 10:10 | 日記 | Comments(2)

あれから10年が経ちました・・・2017年12月26日

――鬼才作詞家 阿久悠を偲んで――

この1216日、NHKのBS放送で『色あせぬ言葉 そして歌』と題する<阿久悠リスペクトコンサート>が放映されました。

第一線で活躍中の多くの「歌手」が、阿久悠作詞のヒット曲を華麗に、しみじみと唄い、氏との想い出を語る番組でした。

f0335773_10553021.jpg

阿久悠の肩書は、作詞家だけでなく「放送作家、詩人(当然)、小説家」としても語られています。

2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞を受賞しています。

f0335773_10554464.jpg

作詞のデビューは1967年(昭和42年)、ザ・モップスが歌った「朝まで待てない」だそうで、以来2007年(平成19年)70歳で亡くなるまでに、約5000曲の歌の作詞を手掛け、そのほとんどがヒット曲となり歌手の誕生に貢献しました。歌としては「演歌、艶歌、ポップス、子どもむけ、コマーシャル」とあらゆるジャンルに及んでいます。

f0335773_10555676.jpg


鬼才『阿久悠』は、氏と同時代に活躍した(している)シンガーソングライター「小椋佳」の感性とは、また一味違った世界を私たちに魅せてくれた人なのです。

この国に、この国独特の「歌」が唄われ続けられる限り、『阿久悠』の名は決して忘れ去られることは無いと信じているのです。


[PR]

# by karucyu | 2017-12-26 10:57 | 日記 | Comments(0)

 読む本が無くなるのです・・・2017年12月24日

――相次ぐ愛読作家の逝去――

読む小説は、ほぼ100%「歴史・時代もの」です。偏り以外のなにものでもありません。

若いころから「吉川英治、井上靖、山田風太郎、海音寺潮五郎・・・」などに親しみ『司馬遼太郎、藤沢周平』作品で、その偏りが決定的になりました。

愛読作家の一人『葉室麟氏』が、きのう23日福岡市内の病院で亡くなりました。66歳の短い生涯でした。

地方紙記者などを経て、50歳を過ぎてから創作活動に本格的に入ったそうで、

歴史文学賞を受賞した「乾山晩愁」で2005年に作家デビュー、2012年に直木賞を受けた「蜩ノ記」は映画化されました。

f0335773_16591207.jpg

「乾山晩愁」からほぼ15年の短い作家生活の中で、およそ50編の作品を残しました。

文庫本化されて12月21日に発売された「蒼天見ゆ」を、半ば読み進んでいる最中の訃報です。なんとも惜しい気がしているところです。

氏の作品はデビュー作「乾山晩愁」から始まって、文庫化された作品のほぼすべてを読んだのですが・・・ほとんどの作品の主人公の「凛とした生き様」に憧れと共感を覚えてしまうのです。

f0335773_17000195.jpg

ここ数年、愛読している作家が次々と物故されています。

  • 北原亜以子(20133月 75歳)

  • 山本兼一 (20142月 57歳)

  • 火坂雅志 (20152月 58歳)

  • 宇江佐真理(201511月 66歳)

  • 杉本苑子 (20175月  91歳)

    などなど・・・・

f0335773_16593442.jpg
まだ現役で頑張って居られる「青山文平、安部龍太郎、伊東潤、上田秀人、乙川雄三郎、澤田ふじ子、宮城谷昌光、宮本昌孝、諸田玲子」諸氏には、御身大切にして頑張ってもらいたいと、強く思うきょうの日です。


[PR]

# by karucyu | 2017-12-24 17:02 | Comments(2)