かるさんの日々


変化の無い日々を一枚の画像と共に
by かるさん
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ミッフイーとのお別れ・・・2017年2月18日

このブログの「プロフイール画像」に<ミッフイー風>の絵を使ってきました。

載せたときは、世界的に著名な「童話絵」とのことは、あまり知らなかったのですが・・・「ある文庫の布の絵本」を見たとき、あまりに可愛くきれいにできていましたので使わしてもらったのです。



きょうの新聞に「ミッフイー」の生みの親であるオランダの作家、「イラストレーターのディック・ブルナー氏が16日、同国ユトレヒトで死亡(89歳)したとありました。

 氏は1927年、ユトレヒト生まれで、オランダでは「ナインチェ」と呼ばれる「ミッフィーの絵本」を同国で55年から30作以上出してきたのだそうです。日本語を含め多くの言語に翻訳され、世界で8千万部以上売れたとのこと。アニメ化もされるなど人気キャラクターとなっていました。




これからは、「ディズニーやサザエさん」のように、生みの親が居なくなっても「工房作品」として永いあいだ読み続けられ、親しまれ続けることになるのでしょう。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-18 13:54 | Comments(4)

久しぶりに胸躍らせての映画・・・2017年2月9日

市川雷蔵、勝新太郎に三船敏郎や万屋錦之介、高倉健、緒方拳などが活躍する映画を楽しんできた私たちです。

往時の銀幕のスターもほとんど物故し、当然のことながら俳優の代替わりも激しく、映画への縁も薄くなりました。

いまはもっぱらBS放送の「プレミアムシネマ」や「Gyao」などで映画を楽しんでいる昨今です。

f0335773_18051798.jpg

そんな日を送っている真冬の一日、久しぶりに映画館で「生映画」を観てきました。
「マグニフィセント・7(magnificentseven)」です。

セブン(七人)とくれば当然のことながら、黒沢明監督の不朽の名作「七人の侍(1954年公開)」が想い出されます。

それから7年経って、黒沢作品をリメークしたアメリカ映画「荒野の七人」が公開され、主役の「ユリ・ブリンナー」以下の活躍に胸躍ろかしたものです。


f0335773_18053105.jpg

その「荒野の七人」から57年経って、さらに言えば「七人の侍」から実に63年経ってこの冬公開されたのが『マグニフィセント7』です。

悪の組織に虐げられ、命を奪われ、村を乗っ獲られる貧しい村人の願いに立ち上がった「七人のアウトローたち」・・・・なんの見返りも無く、命を懸けて悪と闘う彼らはまさに《magnificent(崇高な7人)》なのです。


f0335773_18054351.jpg

「富と権力」が幅を効かせ、貧しい人々や普通の人々が陽の目を見られない傾向が続く昨今の世の中であればこそ、映画『マグニフィセント7』の壮大な活劇を観ながら、手に汗を握るのです。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-09 18:07 | Comments(2)

68回目の雪まつりです・・・2017年2月5日


Published by デジブック
[PR]
# by karucyu | 2017-02-05 18:51 | 日記 | Comments(4)

魚が獲れないのです・・・2017年2月1日

110日から解禁になった、小樽の浜辺での「ニシン漁」です。

解禁以来ほぼ漁獲量0の日が続いたのですが、130日にはじめて10トンを超える漁獲があり、久しぶりに浜や市場がにぎわったようです。店頭価格は1匹300500円ていどで、まだ簡単には手が出せません。

f0335773_18303884.jpg

北の海で獲れる魚貝類のビッグ5を挙げると「サケ、サンマ、イカ、ホタテ、昆布」になるでしょうか。

この主要魚種の漁獲量が年々減少しているのです。とくに(2016年度)は不漁度合いがひどく、漁業者はもちろん、加工業者も品不足と価格高騰に泣かされています。


f0335773_18233595.jpg

秋サケは前年比3割減の75600トンと、24年ぶりの7万トン台で終わり、サンマも11月末で前年同期比3%減の108513トン、昭和51年以降の最低の112264トンだった昨年を下回っています。

f0335773_18241155.jpg

とくに目を覆うばかりの不漁が続くのが「イカ漁」です。

昨年6月に始まった道南のスルメイカ(マイカ)漁の漁期がこの1月31日で終わったのですが・・・

函館市水産物地方卸売市場での生鮮の取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1493トン、キロ単価は779円と最高となって、品不足と価格高騰がイカの街・函館に深刻な影響を与えています。(観光客への食事の目玉、イカソーメン提供がままならず、駅前朝市の店頭には活きイカが泳いでいません)

f0335773_18240154.jpg


 市によると16年漁期(16年6月~17年1月)の取扱量は14年(3521トン)から3年連続で減り、この16年間で最高だった01年の9642トンから85%減というありさまです。

キロ単価は同年(171円)の4.6倍になって、高値により取扱額は約116300万円と、15年より22%増えことを市場全体として、喜ぶべきか悲しむべきか・・・

f0335773_18234872.jpg

これからも続きそうな「温暖化」による海水温の変化、潮流の道筋変化、台風被害による流木の流れ込み、外国漁船の無法漁獲などなど。

これからの日本沿海での漁業は、主要5魚種だけでなく、漁業のすべてが低迷の一途をたどるのは間違いありません。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-01 18:32 | Comments(2)

市場で売られる「クリオネ」・・・2017年1月25日

北海道の観光旅行で、冬の網走などオホーッツク方面を訪れた人が必ず目にするのが水槽の中で泳ぐ「クリオネ」の可愛い姿です。

 クリオネは巻き貝(ハダカカメガイ)の一種で体長1~3センチ。流氷とともに浮遊して網走などオホーツク海沿岸にやってくるのです。

f0335773_09113324.jpg

胴体の前部に透明な1対の翼足があり、翼足を動かして泳ぎます。この姿から「流氷の天使」あるいは「氷の妖精」と呼ばれています。

ですが、この天使は肉食で食事のときは「悪魔」の姿に変身するのです。


f0335773_09131708.jpg

観光地や水族館などでしかお目にかれなかった「クリオネ」ですが、2000年代になって「札幌市中央卸売市場」に入荷し、販売されるようになりました。

で、例年より早めの流氷が接近してきたオホーッツク海で、漁師が沿岸で潜水して捕ったものが、この21日(土)200匹ほど市場にでまわりました。


f0335773_09130727.jpg

卸売価格は1瓶に5匹ほど入り、700円前後だそうですが、入荷量が少なく一般消費者の入手は難しく、まれにペットショップなどに流通することもあるのだそうです。

「クリオネ」が少ないながらも市場に出されて、流通していることを寡聞にして知りませんでした


f0335773_09142033.jpg


[PR]
# by karucyu | 2017-01-27 09:16 | 日記 | Comments(4)
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
>かわせいさん、 ..
by karucyu at 12:16
おはようございます。 ..
by kawasei1008 at 10:41
>かわせいさん、 ..
by karucyu at 08:49
安部政権に偏りすぎると、..
by kawasei1008 at 07:35
そうだっ!! 頭の中をM..
by karucyu at 23:47
連日、マスコミがこぞって..
by harusan at 23:05
>かわせいさん、 ..
by karucyu at 19:34
こんばんは。 JR東日..
by kawasei1008 at 19:20
>はるさん、 おっ..
by karucyu at 21:44
この事故のニュースを見な..
by harusan at 21:28
最新のトラックバック
外部リンク
最新の記事
画像一覧
メモ帳
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル