かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

江差に「群来」が来たぁ~~ 2017年2月28日

カモメのなく音に~~ ふと目を覚まし~~ あれが蝦夷地の山かいな~~

蝦夷地の支配の中心だった「松前」から北へ70Kmほどのところに『江差』と言う町があります。この町の誇りの最たるものが『江差追分』です。

数ある民謡の中で、唄うことの難しさナンバーワンと言われている民謡のようです。

町民の老若男女がことあるごとに唄い続け、毎年全国大会が盛大に開かれています。

この町の港は、江戸期「北前船」の最終寄港地となっていました(根室、国後地方は別にして)

f0335773_19554459.jpg

幕末、官軍から逃れてきた「榎本武揚」らが乗ってきた「軍艦・開陽丸」がこの港沖で座礁し、官軍との戦闘に参戦することができず、函館軍の敗北の大きな要因にもなりました。

いま「開陽丸・青少年センター」という名前で記念館となり、貴重な資料、遺物の数々から肌で感じられる体験型資料館となっています。



f0335773_19555466.jpg

江差の海は、江戸時代から明治時代にかけてニシン漁で栄えてきました。

その江差町のかもめ島沿岸で26日午前、ニシンの群れが産卵のために押し寄せ、海が白く濁る『群来(くき)』に似た現象が確認されたとのことです。

道が調査をしている段階ですが、漁業関係者は1世紀以上前となる豊漁の再来を、大いに期待しているところです。



f0335773_19561786.jpg

『群来(くき)』というのは、浜辺に押し寄せてきたニシンが産卵し精子をかけることで、海が白濁することを言うのだそうで、単に押し寄せて来るのは『群来(ぐんらい)』と言うのだそうです。

同じ文字を使っても、呼び方が違うところが『漁師さん』の粋を表しているのかもしれません。


f0335773_19560568.jpg

 


[PR]
# by karucyu | 2017-02-28 19:57 | Comments(0)

もっと基本を大切に・・・2017年2月23日

――JR北海道の現状に思う――

きょう(23日)の朝4時ころ、JR室蘭本線の洞爺湖駅近辺で、貨物列車が脱線し立ち往生状態になりました。
復旧までに幾日か掛りそうで、列車の運休が絶え間なしに続くJR北海道は「泣きっ面に蜂」状態です。

f0335773_19551787.jpg


この事故のおかげで、この列車に積んでいた村上春樹の新刊本「騎士団長殺し」(全2巻)の発売が、全道で1日遅れとなったそうです。函館近辺の本屋さんへは届いているようですが、北海道全部で足並みを揃えるのだそうです。ややこしいものですね。

f0335773_19550135.jpg


と、そんなニュースが流れている中で、もう一つのJR北海道の話題が報じられています。

鳴り物入りでスタートした「北海道新幹線」が326日で開業一年目を迎えることになります。現在「新函館北斗駅~東京駅」間を4時間2分で走っていますが、この新幹線を青函トンネル内でスピードアップして、全体の時間を3分縮めようと考えているとのことです。

その結果通し時間を3時間59分にして、「4時間を切った新幹線」と謳い上げたい腹積もりのようです。

f0335773_19553236.jpg


とは言え、JR北海道の全体を見渡した場合、赤字路線の廃止や、故障や悪天候で運休に次ぐ運休の毎日だったりします。

3分縮めることに躍起となることよりも、公共の運送手段としての「基礎中の基礎」をしっかりと確保してもらいたいものと、切に願うこの頃なのです。

f0335773_19543269.jpg


[PR]
# by karucyu | 2017-02-23 19:56 | 日記 | Comments(4)

ミッフイーとのお別れ・・・2017年2月18日

このブログの「プロフイール画像」に<ミッフイー風>の絵を使ってきました。

載せたときは、世界的に著名な「童話絵」とのことは、あまり知らなかったのですが・・・「ある文庫の布の絵本」を見たとき、あまりに可愛くきれいにできていましたので使わしてもらったのです。



きょうの新聞に「ミッフイー」の生みの親であるオランダの作家、「イラストレーターのディック・ブルナー氏が16日、同国ユトレヒトで死亡(89歳)したとありました。

 氏は1927年、ユトレヒト生まれで、オランダでは「ナインチェ」と呼ばれる「ミッフィーの絵本」を同国で55年から30作以上出してきたのだそうです。日本語を含め多くの言語に翻訳され、世界で8千万部以上売れたとのこと。アニメ化もされるなど人気キャラクターとなっていました。




これからは、「ディズニーやサザエさん」のように、生みの親が居なくなっても「工房作品」として永いあいだ読み続けられ、親しまれ続けることになるのでしょう。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-18 13:54 | Comments(4)

久しぶりに胸躍らせての映画・・・2017年2月9日

市川雷蔵、勝新太郎に三船敏郎や万屋錦之介、高倉健、緒方拳などが活躍する映画を楽しんできた私たちです。

往時の銀幕のスターもほとんど物故し、当然のことながら俳優の代替わりも激しく、映画への縁も薄くなりました。

いまはもっぱらBS放送の「プレミアムシネマ」や「Gyao」などで映画を楽しんでいる昨今です。

f0335773_18051798.jpg

そんな日を送っている真冬の一日、久しぶりに映画館で「生映画」を観てきました。
「マグニフィセント・7(magnificentseven)」です。

セブン(七人)とくれば当然のことながら、黒沢明監督の不朽の名作「七人の侍(1954年公開)」が想い出されます。

それから7年経って、黒沢作品をリメークしたアメリカ映画「荒野の七人」が公開され、主役の「ユリ・ブリンナー」以下の活躍に胸躍ろかしたものです。


f0335773_18053105.jpg

その「荒野の七人」から57年経って、さらに言えば「七人の侍」から実に63年経ってこの冬公開されたのが『マグニフィセント7』です。

悪の組織に虐げられ、命を奪われ、村を乗っ獲られる貧しい村人の願いに立ち上がった「七人のアウトローたち」・・・・なんの見返りも無く、命を懸けて悪と闘う彼らはまさに《magnificent(崇高な7人)》なのです。


f0335773_18054351.jpg

「富と権力」が幅を効かせ、貧しい人々や普通の人々が陽の目を見られない傾向が続く昨今の世の中であればこそ、映画『マグニフィセント7』の壮大な活劇を観ながら、手に汗を握るのです。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-09 18:07 | Comments(2)

68回目の雪まつりです・・・2017年2月5日


Published by デジブック
[PR]
# by karucyu | 2017-02-05 18:51 | 日記 | Comments(4)