かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

魚が獲れないのです・・・2017年2月1日

110日から解禁になった、小樽の浜辺での「ニシン漁」です。

解禁以来ほぼ漁獲量0の日が続いたのですが、130日にはじめて10トンを超える漁獲があり、久しぶりに浜や市場がにぎわったようです。店頭価格は1匹300500円ていどで、まだ簡単には手が出せません。

f0335773_18303884.jpg

北の海で獲れる魚貝類のビッグ5を挙げると「サケ、サンマ、イカ、ホタテ、昆布」になるでしょうか。

この主要魚種の漁獲量が年々減少しているのです。とくに(2016年度)は不漁度合いがひどく、漁業者はもちろん、加工業者も品不足と価格高騰に泣かされています。


f0335773_18233595.jpg

秋サケは前年比3割減の75600トンと、24年ぶりの7万トン台で終わり、サンマも11月末で前年同期比3%減の108513トン、昭和51年以降の最低の112264トンだった昨年を下回っています。

f0335773_18241155.jpg

とくに目を覆うばかりの不漁が続くのが「イカ漁」です。

昨年6月に始まった道南のスルメイカ(マイカ)漁の漁期がこの1月31日で終わったのですが・・・

函館市水産物地方卸売市場での生鮮の取扱量は、記録の残る2001年以降で最低の1493トン、キロ単価は779円と最高となって、品不足と価格高騰がイカの街・函館に深刻な影響を与えています。(観光客への食事の目玉、イカソーメン提供がままならず、駅前朝市の店頭には活きイカが泳いでいません)

f0335773_18240154.jpg


 市によると16年漁期(16年6月~17年1月)の取扱量は14年(3521トン)から3年連続で減り、この16年間で最高だった01年の9642トンから85%減というありさまです。

キロ単価は同年(171円)の4.6倍になって、高値により取扱額は約116300万円と、15年より22%増えことを市場全体として、喜ぶべきか悲しむべきか・・・

f0335773_18234872.jpg

これからも続きそうな「温暖化」による海水温の変化、潮流の道筋変化、台風被害による流木の流れ込み、外国漁船の無法漁獲などなど。

これからの日本沿海での漁業は、主要5魚種だけでなく、漁業のすべてが低迷の一途をたどるのは間違いありません。


[PR]
# by karucyu | 2017-02-01 18:32 | Comments(2)

市場で売られる「クリオネ」・・・2017年1月25日

北海道の観光旅行で、冬の網走などオホーッツク方面を訪れた人が必ず目にするのが水槽の中で泳ぐ「クリオネ」の可愛い姿です。

 クリオネは巻き貝(ハダカカメガイ)の一種で体長1~3センチ。流氷とともに浮遊して網走などオホーツク海沿岸にやってくるのです。

f0335773_09113324.jpg

胴体の前部に透明な1対の翼足があり、翼足を動かして泳ぎます。この姿から「流氷の天使」あるいは「氷の妖精」と呼ばれています。

ですが、この天使は肉食で食事のときは「悪魔」の姿に変身するのです。


f0335773_09131708.jpg

観光地や水族館などでしかお目にかれなかった「クリオネ」ですが、2000年代になって「札幌市中央卸売市場」に入荷し、販売されるようになりました。

で、例年より早めの流氷が接近してきたオホーッツク海で、漁師が沿岸で潜水して捕ったものが、この21日(土)200匹ほど市場にでまわりました。


f0335773_09130727.jpg

卸売価格は1瓶に5匹ほど入り、700円前後だそうですが、入荷量が少なく一般消費者の入手は難しく、まれにペットショップなどに流通することもあるのだそうです。

「クリオネ」が少ないながらも市場に出されて、流通していることを寡聞にして知りませんでした


f0335773_09142033.jpg


[PR]
# by karucyu | 2017-01-27 09:16 | 日記 | Comments(4)

2017年・「冬季アジア札幌大会」評判・・・2017年1月19日

ひと月後の2月の19日~26日のあいだ、主題の大会が札幌を中心に開かれます。

この大会、第1回目が1986年に札幌で開催され、参加国7ヶ国、参加人員430人だったようです。

f0335773_15532644.jpg

オリンピックと同じように4年ごとに開催されているようで、第2回大会も札幌で行われました。参加国10ヶ国、参加人員441人と初回とさほど変わっていません。

前回の第7回カザフスタン大会では26ヶ国、843人の参加人員と、ようやく盛り上がってきたようです。

f0335773_15530325.jpg

今回の第8回大会は30ヶ国、1000人ほどの参加が予定されているようですが・・・開催ひと月前ですのに、さほど盛り上がっていません。

札幌市は2026年の「冬季オリンピック・パラリンピック」の開催を表明していますから、その前哨戦としての「冬季アジア札幌大会」を成功させて、勢いに乗ろうと目論んでいるようですが、果たしてうまく行きますかどうか?

f0335773_15525434.jpg

今回の「冬季大会」で外国選手用の宿泊に指定されていたホテルが、ホテル経営者の著書を各部屋の備付けとしていることに問題ありとして揉めています。

アジア大会も、オリンピックも結構な催しで否定するものではありませんが、札幌市としては市民のためにもっと先にやらねばならないことが山積しているでしょうに・・・と申し上げたいところです。


[PR]
# by karucyu | 2017-01-20 15:54 | 日記 | Comments(2)

ロケ地詣での逆転現象・・・2017年1月13日

札幌から小樽への電車に乗ると、途中「朝里駅」という小さな無人駅があります。

昨年12月頃から、この駅周辺の線路に入って写真を撮る外国人観光客(中国、韓国人など)が相次いでいるようです。昨年12月から列車の急停止や発車の遅れが6件も発生しています。

f0335773_19363382.jpg

その理由は、朝里周辺でロケをした映画が中国と韓国で上映されたことを契機に、無人駅の同駅を訪れ、記念写真を撮る外国人観光客が増えていることが背景にあるとのことです。

f0335773_19365281.jpg

20034月からNHKで放送され、あまりの人気過熱から、その後二度も再放送された韓国ドラマ『冬のソナタ』でした。主役の「ぺ・ヨンジュ」はヨンさまの敬称?で絶大な人気を博し、その後20056年頃から、日本のご婦人ファンたちの韓国内のロケ地詣でが盛んになりました。

f0335773_19372951.jpg


さすがに昨今は、韓国ロケ地詣ではほとんどなくなったようですが、ここへきて逆に韓国や中国の観光客が、我が国でのロケ地詣でをするようになったのです。

まさしく10年ほどの年月を経て、かってのこの国の人々が行動したことの、逆転現象が起きているのです。

にしても、鉄道の線路内や、踏切に立ち入って列車の運行を邪魔するようなことは止めて欲しいものと、強く思うところです。


[PR]
# by karucyu | 2017-01-13 19:39 | 日記 | Comments(2)

お賽銭の「賽」の意味・・・2017年1月9日

お正月、七草明けのTV報道で恒例となっているのが「京都伏見稲荷大社」のお賽銭勘定の映像です。

今年も数人の銀行員が出張し、ほぼ5日間かけて数え上げるのだそうです。


f0335773_16574209.jpg

そんなTV報道を見ながら、ふと思ったのがお賽銭の「賽」の文字はどんなところからきているのかと、辞書を引いてみました。

字面に「貝」がついていますから、往古の貨幣が「貝」だったことから来るのかと思ったりしましたが・・・・そこのところは判りませんでした。

ですが、「賽」の意味をあらためて知ることになりました。広辞苑には『神仏へのお礼参り』・・・とあります。 

そうなんですね、どうやら今までの神社仏閣へのお参り時の考えに、思い違いがあったようです。


f0335773_16562217.jpg

「お願い事」を聞き届けて下さい・・・と「お賽銭」をあげていましたが、そうでなく「今日まで無事、息災」に過ごしてきたことへの「お礼」として神仏に差し出すことなんですね。

とすれば、「お賽銭」を投げ、「ニ礼・二拍手・一礼」したあと、もろもろのお願い事をしたところで、神仏は聞いてくれて無いってことになるんですね。


f0335773_16563240.jpg

人世の終末になって、初めてそのことに気付くことになりましたが・・・今までの数知れない「神社仏閣」への参拝と、それなりの合計金額の「お賽銭」の効果を、なんと解釈したらよろしいものやらと、本格的な「寒の入りもよう」の寒さの一日、馬鹿な思いを巡らしているところです。

<せめて、南無阿弥陀仏の六文字を、小さく口ずさむこの日です>・・・涙


[PR]
# by karucyu | 2017-01-09 16:59 | Comments(2)