かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

北の地の「夏の幕開け行事」・・・2018年5月27日

――「夕張メロン」の初セリ風景――

北海道のほぼ中央部に「夕張市」という町があります。かっては「石狩炭田」の中心都市として、ここで産出される「石炭」が、戦前は「富国強兵」に寄与し、戦後はこの国の経済成長の一環を担ってきました。

f0335773_12432511.jpg

国のエネルギー政策の変更で、1990年(平成2年)までにすべての炭鉱が閉山しました。

ために、市はその後深刻な財政難に陥り、2007年(平成19年)に、この国で唯一の『財政再建団体』に指定されました。

現在の夕張市全体が、ほぼ「限界集落」の様相を呈して、赤字財政に苦しんでいます。

f0335773_12434676.jpg

そんな「夕張」が、全国区で知られることに貢献しているのが『夕張メロン』の存在です。

このメロンはブランド化され、「夕張市農業協同組合」によって、生産から流通まで厳重に管理されています。

f0335773_12440368.jpg

その「夕張メロン」の集荷が5月下旬に始まりました。

この26日朝、札幌市中央卸売市場で「初セリ」が行われ、最上級の「秀品」1箱(2玉)が、過去最高値の320万円で競り落とされたそうです。

例年、落札者はおもに札幌など産地外の業者でしたが、今年は初めて地元業者が落札したそうで、地元の人々の喜びが感じられたところです。

いよいよ「夕張メロン」が贈答品として、全国へ送られて行く季節になりました。

< 画像は借用しました>


[PR]
# by karucyu | 2018-05-27 12:47 | 日記 | Comments(2)

報道に写る「三悪相」・・・2018年5月24日

故黒沢明監督、『隠し砦の三悪人』(1958年、三船敏郎主演)という映画がありました。

「七人の侍」「生きる」「どん底」「用心棒」「天国と地獄」「赤ひげ」「影武者」・・・などと比べると、いささか物足りない作品でしたが、それなりに観るものがありました。

f0335773_12550485.jpg

作品中の「狂言回しの三人」の役割が、後の「スターウォーズ」のロボットキャラクターの登場に影響を与えたとのことでした。

「・・・三悪人」とはいうものの、決して人相が悪いわけでは無かったのですが・・・・、

最近の「TV報道」を観るにつけ、どうにも我慢しかねる「悪相」が登場しています。

もう何年も見せつけられている、『どこかの国の首相』と『その下に居る財務相』の悪相にはうんざりしています。

f0335773_12554508.jpg

そこへ追い討ちを掛けるように登場してきたのが、『どこかの大学のアメフトチーム監督』の悪相です。

他人の生まれつきの「容貌」を、己の姿を棚に上げてとやかく言うのは気が引けますが・・・・にしてもこの「三悪相」の人々の心根の貧しさや、善悪判断の欠如がそのまま「相貌」に現れているように思えてならないのです。

f0335773_12562046.jpg

この「三悪相」に共通しているのは、国民や教え子に正しい方向を示すものでなく、ただ「自己保身」にだけ汲々としている姿が見え見えです。

言ってみれば、この「三悪相」には、鎌倉武士たちが心情としていた『名こそ惜しけれ』の精神は、欠片も見えて来ないのです。


[PR]
# by karucyu | 2018-05-24 12:57 | 日記 | Comments(2)

小学校の「運動会」事情・・・2018年5月21日

北の国の「小学校の運動会」は、たいていの学校がこの5月下旬~6月上旬の土曜日に実施されるようです(順延の場合は翌日曜日に)。

長年の慣習からか、児童の数より「家族・姻戚」の応援観戦者数が圧倒的に多くなります。大げさに言えば、「運動会」は児童を中心にした年間を通して最大の催しと言っても言い過ぎではありません。

札幌市の小学校は、今週末の26日を中心に、先週の19日や62日のいずれも土曜日の開催がほとんどのようです。

f0335773_20481820.jpg


この小学校の運動会で、いま異変が起こっています。今までは終了が午後2時~3時

頃で、昼食は児童を中心にして、たくさんのご馳走を家族で楽しくいただく・・・・というのがパターンでした。

ところが、今年あたりから多くの小学校で「運動会は午前中で終了」となって来たのです。ある報道の調べでは、203校のうち55校が「昼で終了」としたそうです。

f0335773_20473383.jpg

理由は ①外国語の授業時間を確保するため、② 学校側と家庭の、天候不順による順延時の苦労、③ 児童数の減少で競技時間が短縮できるため・・・・ということだそうです。

報道がこの事情を家族に聞いたところ、「ご馳走を作る苦労が無くなって助かる」という意見もありますが、「年1回の子供たちとの楽しい時間が無くなり寂しい」と言う意見もあります。

どうやら、いまのところ後者の意見の方が優勢のようです。にしても児童の意見が伝わって来ないのが物足りない気がするのです。

f0335773_20460937.jpg

余談ですが、最近の小学生高学年の子供たちに「将来、何に為りたい?」と、昔ながらの質問をすると・・・・「ニートになりたい、ユウチューバ―でお金を儲けたい」などの答えが、わりとあっさりと帰って来るのだそうですから・・・・案外、運動会の時短はあっさりと頷くのかもしれません。

世の中の様子がどんどん変わって来るようで、就いて行けない気がするのです。

f0335773_20502847.jpg


[PR]
# by karucyu | 2018-05-21 20:55 | 日記 | Comments(4)

ライラックまつりです・・・2018年5月19日


60回目の「さっぽろライラックまつり」が、この16日から大通り公園で開催されています。
まつりとは言え、「食べ物ブース」や「物売りテント」が乱立して、まさに「花より食べもの」の感があります。

せっかくのライラックの花も、ブースやテントに邪魔されて「花を愛でる」雰囲気が薄れています。
とりあえず、必死に撮ってきました。デジブックでごらんください。

http://www.digibook.net/d/63c4e7b3808a36287e242a854673251b/
[PR]
# by karucyu | 2018-05-19 21:13 | 日記 | Comments(3)

全国縦断、サクラ開花の終着点・・・2018年5月13日

ほぼ毎年このニュースをここにいています。

3月15日に「高知市」で、最も早く開花したソメイヨシノです。それから約2ケ月後の512日、最北の「稚内市」と道東の「釧路市」で≪エゾヤマザクラ≫の開花が宣言されました。これで、気象庁の全国の観測地点での最も遅い「開花宣言」となりました。

f0335773_21361667.jpg

「稚内市」での開花は平年より2日早く、昨年より3日遅かったようです。「釧路市」のサクラは、平年より5日早く、昨年より2日早かったようです。

「沖縄」の≪カンヒザクラ≫は1月の10日ころ咲いたといいますから、それから数えると約4ヶ月に渡る「サクラ前線」の長旅です。

あらためて「日本列島」の長さを思い知らされることになります。

f0335773_21352783.jpg

毎年「開花宣言」の終着点を争っている「稚内、釧路、根室(千島ザクラ)」です。

「根室市」の今年(平成30年)の開花宣言は513日の今日でした(昨年より2日早く、平年より5日早かった)

実際には「根室市」が、日本で一番遅いサクラの開花地なのですが・・・・残念ながら根室市の「気象台」が無くなり、観光協会が寺院の<千島ザクラ>の開花を見守っているのです。ために、公の記録に載せてもらい無いようなのです。

f0335773_21371827.jpg

沖縄のサクラも根室のサクラも、今少し陽の目が当たっても良いのでは・・・と思ったりするきょうの日でした。


[PR]
# by karucyu | 2018-05-13 21:38 | 日記 | Comments(4)