かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

真紅の優勝旗のゆくえ・・・2018年8月21日

5日から始まった、100回記念の「全国高校野球選手権」が、きょう21日(火)の決勝戦で終わりました。

史上初の「春夏連覇」を目指す<大阪桐蔭>か、<金足農高>が東北に初めて真紅の優勝旗を持ち帰るか・・・・と、全国の高校野球フアンを湧かせてくれました。

f0335773_21102521.jpg

100回記念大会で出場校も56校と多くなったことから、期間中の総入場者数が101万5千人となったとのこと、100万人を超えるのは史上初だそうです。 ちなみにこれまでの最多は1990年(第72回大会)の92万9千人だったとありました。

f0335773_21095573.jpg

決勝戦の結果は、ご存じのように連投を続ける<金足農高>の吉田投手が力尽き、<大阪桐蔭>の猛打を許し、東北勢の悲願は今年も消えてしまいました。

投手の力投と、チームのミラクルの連続でフアンを魅了した<金足農高>も、密かに懸念していた通り、やはり1人が連投で「優勝旗」を持ち帰ることはできないようです。

それだけ「高校野球」のレベルも、すっかりプロ並みになって来た証なのでしょう。

f0335773_21093290.jpg

ともあれ、参加56校の選手たちに「ご苦労さまでした」と言葉をけたくなる、決勝戦のこの日でした。

f0335773_21110112.jpg


[PR]
by karucyu | 2018-08-21 21:12 | 日記 | Comments(2)
Commented by harusan at 2018-08-22 09:16 x
感動を与えてくれた「金農ナイン」に拍手ですね!
県立であるということ、全員が秋田出身であることなども、多くの人たちの応援を呼ぶ要素の一つだったかと~~。

それにしても、この猛暑の中での大会・・・選手も観客も大変。無謀だと思います。
Commented by karucyu at 2018-08-25 10:57
>はるさん、

いくら鍛えていたとしても、この猛暑の中の数時間の熱闘は堪えるでしょうね。