かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

雪の便りです・・・2018年9月21日

震度7を記録した「胆振東部地震」からほぼ2週間がたちました。

震源地の「厚真地区」は未だに被害の全容がつかめず、避難所生活を余儀なくされている被災者が多く居ます。

f0335773_19013937.jpg

札幌市の一部地域でも、建物の全壊が44棟、半壊は141棟、一部損壊1537棟もの多くに達し、再建の目途が立たず途方に暮れて居ます。

お彼岸を迎えても、お墓の倒壊がひどくご先祖の供養もままならない状況です。

秋のお彼岸の声を聞けば、北の地は間もなく秋も深まり冬の気配を感じる季節になるのですが・・・・

f0335773_19004873.jpg

そんな気候の20日、旭川地方気象台が、道内最高峰の大雪山系旭岳(2291メートル)で初冠雪を観測したと発表しました。平年と比べて5日、昨年より10日早い初雪の便りです。

地震の被害からも抜け出せず、全道的大停電(ブラックアウト)のショックを二度と経験したくないための「節電」に躍起となる日々、近づく「冬の足音」にいささか懸念の思いをする「初冠雪」の便りなのです。

f0335773_18595368.jpg
<地震にもめげず咲いた、我が家の”月下美人”です>


[PR]
by karucyu | 2018-09-21 19:04 | 日記 | Comments(4)
Commented by kawasei1008 at 2018-09-22 16:47
こんにちは。
復興はまだまだですね。
月下美人 お見事です!!
Commented by karucyu at 2018-09-22 19:57
>かわせいさん、

お立ち寄り、ありがとうございます。

札幌の街、停電の困難さはどこも同じだったんですが、地震での「土地、家屋の被害」が場所によって天と地の違いが出てしまいました。我が家の地域は全くと言ってよいほど平常なのです。

で、観光に頼っている人々が「被害はありませんから、ぜひ足を運んでくださ~い」と必死で呼びかけている毎日です。
Commented by harusan at 2018-09-22 20:27 x
地震の被害にあわれた土地の方々、寒さで暖房機器を使用する際に危険があることが多いと、ニュースで放送していました。
これからの時期、本当に大変そう・・・一日も早い復興を願っています。
karusanのお住まいの場所は、被害がなく安堵しましたが・・・北の大地全体の観光客の落ち込み、大変な様子ですね。
Commented by karucyu at 2018-09-23 09:29
>はるさん、

ありがとうございます。
そうなんです、観光客の激減(特に外国からのお客さま)で、関連業界は青息吐息です。

温泉旅館業界の「女将連代表」が首相に、外国での「風評被害払拭」を国を挙げて実施してもらうよう陳情しています。

「風評被害」云々もさることながら、一朝ことが起こった場合に、観光客へ安全・安心をもたらす方策を常日頃備えて置くことが急務だと思うのですが・・・、