かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

“はるみ”は“百合子”にお詫びせねばなりません・・・2018年9月23日

96日未明の「胆振東部地震」発生から2週間余が経ちましたが・・・、

それぞれが懸命の努力を重ねていますが、震源地周辺の市町村の復興はまだまだの感があります。

この地震で、22日午後9時現在断水が続いている戸数が、3市町村で559戸もあるようです。厚真町300戸、安平町20戸、札幌市52戸、他にもなります。

f0335773_10574919.jpg

そんな今日の地方紙に、以下のような記事が載っていました。

「道がお願いして、東京都が1000本提供してくれた <被災地支援の液体ミルク>が、道のある役所が各町に<利用を控えて>という通達で、けっきょく使われずに保管されたままだった」・・・と言うものです。

東京都によると、道の要請を受け、災害備蓄用のフィンランド製液体ミルクに1本ずつ日本語の説明文を添え、9日に発送した。道は11日に胆振管内厚真、安平、むかわ、日高管内日高、平取の各町に配ったのだそうです。

f0335773_10573388.jpg

ところが、道災害対策本部などの職員(道保健福祉部地域医療課)が11日ごろ、胆振、日高両総合振興局や道立保健所に対し、「液体ミルクは国内で使用例がない」「取り扱いが難しい」として使用を控えるよう各町の担当者や保健師に知らせることを求めたとのこと。ある町の担当者は「(道の連絡で)とても住民に提供できる物ではないと思った」と話しています。

結果、 各町とも住民に周知せずに保管。ただ、厚真町は1本だけ「『(粉ミルクを溶く)水を確保できない』という親に渡した」(町民福祉課)・・・この親の喜びがニュースで取り上げられていました。

f0335773_10583092.jpg

実際には2016年の熊本地震で使われているのです。開栓してすぐ飲める液体ミルクは利便性が高く、専門家は「災害時は粉よりも安全」と明言しているのに、住民に周知されることなく備蓄に回った格好になりました。
道がお願いしてまで送って貰った貴重な「液体ミルク」ですが、同じ道職員の間違った自己判断で善意が無駄になった・・・と言う話です。

この事態に『高橋はるみ北海道知事』は『小池百合子東京都知事』に、平身低頭してお詫びせねばならない、と思うのですが・・・・・

f0335773_10590823.jpg

*参考・・・<ことば>乳児用液体ミルク 

70度以上の湯で溶かして人肌に冷まして与える粉ミルクに対し、液体ミルクは開封してすぐに飲ませることができ、半年から1年程度の保存も可能で、災害時や外出時などに役立つとされる。ドイツや韓国など各国で製造され、国内では東日本大震災や熊本地震の際、輸入品が被災地に提供された。厚生労働省は今年8月、原材料や添加物の使用基準、滅菌方法など、液体ミルクの規格基準を定めて国内での製造・販売を解禁。国内産の流通は2019年以降になる見込み。


[PR]
by karucyu | 2018-09-23 11:01 | 日記 | Comments(4)
Commented by kawasei1008 at 2018-09-23 19:19
こんばんは。
緊急時いろいろありますが、行政の力を発揮するときではないでしょうかね。
こんな時頼れるのは役所しかありませんよ!!
Commented by karucyu at 2018-09-23 21:00
>かわせいさん、
おっしゃる通りなんですが・・・どうもこちらのお役所は「乳母日傘育ち」のようで、自分の職掌を全うする気も無いようでして・・・(呆れ)
Commented by harusan at 2018-09-26 17:56 x
わぁっ~~ビクリしました!
私が謝る?~~~誰に~~~きゃははは
そういえば~同じ名前でしたね~~(苦笑)

確か、今年の8月に法では「解禁」になったと思ったのですが・・・。
一部の人だけが承知していること、多いですね。
Commented by karucyu at 2018-09-27 09:18
>はるさん、

ああ~~、そうでしたね、(笑)

ご存知でしたか? 認証されたってこと・・・
そう言うことを識ろうとしない、この地のお役人が多いってことなんです。
指摘されても、平気で過ごしているんでしょう、きっと!(怒)