2018年 05月 24日 ( 1 )

報道に写る「三悪相」・・・2018年5月24日

故黒沢明監督、『隠し砦の三悪人』(1958年、三船敏郎主演)という映画がありました。

「七人の侍」「生きる」「どん底」「用心棒」「天国と地獄」「赤ひげ」「影武者」・・・などと比べると、いささか物足りない作品でしたが、それなりに観るものがありました。

f0335773_12550485.jpg

作品中の「狂言回しの三人」の役割が、後の「スターウォーズ」のロボットキャラクターの登場に影響を与えたとのことでした。

「・・・三悪人」とはいうものの、決して人相が悪いわけでは無かったのですが・・・・、

最近の「TV報道」を観るにつけ、どうにも我慢しかねる「悪相」が登場しています。

もう何年も見せつけられている、『どこかの国の首相』と『その下に居る財務相』の悪相にはうんざりしています。

f0335773_12554508.jpg

そこへ追い討ちを掛けるように登場してきたのが、『どこかの大学のアメフトチーム監督』の悪相です。

他人の生まれつきの「容貌」を、己の姿を棚に上げてとやかく言うのは気が引けますが・・・・にしてもこの「三悪相」の人々の心根の貧しさや、善悪判断の欠如がそのまま「相貌」に現れているように思えてならないのです。

f0335773_12562046.jpg

この「三悪相」に共通しているのは、国民や教え子に正しい方向を示すものでなく、ただ「自己保身」にだけ汲々としている姿が見え見えです。

言ってみれば、この「三悪相」には、鎌倉武士たちが心情としていた『名こそ惜しけれ』の精神は、欠片も見えて来ないのです。


[PR]

by karucyu | 2018-05-24 12:57 | 日記 | Comments(2)