かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 337 )

 潰される正義・・・2018年5月6日

――-「雪印」のたび重なる悪事――― 
 

GW.中の51日、NHKの夜のTV番組に『“正義の告発”家族の16年~雪印食品牛肉偽装事件~』・・・という放送がありました。

この事件、すっかり忘れていました。

「西宮冷蔵」の社長が、大手得意先の「雪印食品」が外国製の牛肉を、国内産と偽って出荷していたのを見かねて「内部告発」し社会問題となった事件です。

この国の「内部告発」の先駆けとなりました。

f0335773_12020109.jpg

この事件で、社会的制裁を受けた「雪印食品」は解体せざるを得なくなって、北海道の名門企業もあえなく沈没し、小さく「雪印メグミルク」となって現在に至っています。

ですが、消費者を思って「内部告発」し、正義を貫こうとした「西宮冷蔵」は、他の顧客から見放され倒産寸前に陥りました。その間家族にも悲劇が生じ、支援者に励まされて生活しているようです。

f0335773_12025332.jpg

本業の「貸冷凍庫」の方は、子息が頑張って業績回復に向かっていたようですが・・・・

またまた顧客の不正に加担することを拒否したため、すべての顧客が離れて行き、この夏にも「冷凍庫建物の差し押さえ、倒産」が待っているような報道がされていました。

子息の「正義を貫くことの辛さ、投げ出した方がどんなに楽か・・・」と言うつぶやきが、鋭く胸に刺さります。

この「貸冷凍庫」から、すべての顧客が逃げ出すってことは、「内部告発」を恐れるからでしょうから、いかに多くの企業が消費者に対して「良からぬ事」を密かに実行していることの証だろうと推察します。

f0335773_12031496.jpg

企業の不正を「内部告発」し、「正義」を貫こうとする小さな企業を、大企業の誰もが手を差し伸べようとしないこの国のありさまは、発展途上国の不正や混乱をとやかく言う立場に無く、三等国と蔑まれても返す言葉も見つからないと思ったりするのです。

「雪印食品」の16年前の不正から発生した「正義のありよう」を考えているこの時期に

 種苗・飼料販売大手の「雪印種苗(札幌)」が427日、販売する牧草や飼料作物などの種子について、長期にわたって品種偽装や表示違反を行い、その一部を隠蔽(いんぺい)していたと発表し、大きな問題になっています。

f0335773_12022111.jpg

この種の製品は、見た目で良し悪しが解らず、年月が経ってから初めて結果が出るものです。道内の牧場経営者や農業に携わる人々の、困惑と怒りが爆発しています。

北海道の名門企業だった「雪印関連会社」が、16年前の大きな失敗に学ぶことも無く「顧客や消費者」を欺き続けるありさまに、情けなく怒りすら湧いて来ない思いがするのです。


[PR]
by karucyu | 2018-05-06 12:04 | Comments(4)

ここが踏ん張りどこか?  2018年3月19日

「一強政治」が、国の方向を左右する両刃の剣であることは、良く言われているところです。

案の定この国はいま、両刃の剣の悪い方向へ「恣意的に」進もうとしています。

f0335773_10273305.jpg


連日報道されている「政治の諸問題」の根本原因は、「一強政治」とそれに迎合する官僚がもたらしていることに間違いはありません。

このまま進んで行くとすれば、日々ご厄介になっている「当該ブログの日記」なども「特定秘密保護法」などを持ち出して、なべて「検閲」の対象にされることは容易に想像されます。

「決裁文書改ざん」や「文科省が名古屋公立中に異例調査」問題などなど、眼に余る行いが日常化しています。

f0335773_10280420.jpg

いまこの時「この国の民人」は、特定の人々が進める「異様な日常化」を挙げて阻まねばなりません。でなければ近い将来「民人」は、大きな犠牲を強いられることになるのは、間違いありません。

f0335773_10285423.jpg


[PR]
by karucyu | 2018-03-19 10:30 | Comments(4)

「平昌冬季オリンピック」が終わって・・・2018年2月27日

1998年の「長野オリンピック」のときの10個を上回る13個のメダルを獲得した日本選手団が帰国し、メダル獲得選手の「凱旋報告会」がTV報道を賑わせています。

(長野の時と競技種目がやたら多くなっていますから、メダル3個の増は単純に喜べないような気がしますが・・・)

f0335773_18073125.jpg

メダル獲得選手はもちろん、そうでなかった選手も含めて、長年の努力と晴れの舞台での精いっぱいの活躍には胸を打つものがありました。

表彰台での喜びの爆発と、国歌に併せた国旗掲揚にはTVを観ながら拍手をしている自分が居ます。

このたびの「平昌オリンピック」に、2026年の冬季オリンピックの開催を目指している札幌市の市長が、選手の応援と「運営への参考」を目的として訪れていました。

市長の現地でのコメントによれば、バッハIOC会長との面談では「立候補に好感触」を得たとのことでした。

f0335773_18083171.jpg

これから8年後のことですから「さっぽろ冬季オリンピック」が、間違いなく開催されるのかどうかなんとも言えませんが、いま札幌市は市民への「オリンピック開催」の意向を探っているところですが、言わせてもらえば私は「開催反対派」です。

きょう(227日)の地方紙に『札幌市保育所1次選考「3人に1人」落選 狭き門に保護者悲痛』という記事が載っていました。

 「第5希望まで書いたのに、まさか全滅とは…」。1歳の長女を育てる豊平区の主婦(32)は今月上旬、市から認可保育所の「落選」通知を受け取り、予想以上の「保活」の厳しさにがくぜんとした・・・・と記事にありました。

ツイッター上にも、通知が届いた今月上旬以降、市内在住とみられる親たちからは「保育園ダメなら仕事辞める」「フルタイム育休明けでも全滅」「2次もほとんどあいてない」など、悲痛な投稿が相次いでいる・・・ともあります。

f0335773_18080758.jpg

札幌市によると、認可保育所の1次選考に申し込んだ0~5歳児は7706人。うち約34%に当たる2629人が落選したとのことで、今後の2次選考以降の追加受け入れなどを経て、入所できる子供の数が確定するのだそうですが、結果はさして良くはなりそうもありません。

人口減による「就労者不足」で企業の倒産まで生じている昨今です。貴重な就労人口である「子育て主婦」の離脱は、なんとももったいない話です。

f0335773_18091347.jpg

「オリンピック開催」も一利あるのかもしれませんが、札幌市は「いま、そこにある危機」を優先して政を行って欲しいものと、強く思うところです。


[PR]
by karucyu | 2018-02-27 18:10 | Comments(0)

北の海で、魚が獲れませんが・・・2018年2月1日

――ニシン漁が回復か??――

北海道庁から、1月31日、2017年の全道の漁獲量(速報値)が前年実績比2%減の84万5千トンだったとの発表がありました。

f0335773_20014677.jpg
統計を取り始めた1958年以降で最低だった2016年をさらに下回り、100万トンの大台を2年連続で割り込んだとのことです。ホタテが台風被害を受けたほか、近年の秋サケ、サンマの不漁にも歯止めがかからなかったため。漁獲金額も7%減の2750億円だったそうです。

 全道の漁獲量の減少は4年連続。15年に前年比16%減、16年に14%減と大幅な下落が続きまいたが、17年はイワシやサバの漁獲が大きく伸びたため、全体では下げ止まったのだそうです。

f0335773_20022613.jpg
「海水温の変化」が原因かどうか定かではありませんが、今まで北の海ではあまり獲れなかった「イワシやサバ」の漁獲量が伸びているのです。

そんなマイナスの発表があったこの頃、小樽を中心にした石狩湾沿岸で「ニシンの豊漁」に沸いているとのニュースが流れています。

『小樽のニシン漁は、110()に解禁され、連日大漁となり、関係者を喜ばせている。15()からは石狩でもニシン漁が始まり、平年の1.5倍程度の水揚げで、大漁となっており、石狩湾にニシンが戻ってきている。

 北海道漁業協同組合連合会(北海道ぎょれん)小樽支店(港町4)によると、石狩湾内の小樽・石狩漁協の漁獲量は、解禁日から18()までで、202トン(小樽112・石狩90)と、昨年の1.5倍のペースの水揚げとなっている』

と言うのが小樽の地域紙「小樽ジャーナル」の記事です。

f0335773_20024265.jpg

石狩湾にニシンの資源は戻ってはいますが、小樽でニシン漁のピークを迎えた1897(明治30年)頃の漁獲量は、9万トン(小樽前浜のみ)もあったのです。

 「石狩湾を回遊しているニシンの資源が戻ってきたと言えるが、樺太を回っているニシンと時期が1ヶ月ほどずれているとのこと。

f0335773_20031100.jpg

大漁だとはいえ、往時のように潰して肥料にするほどの多さではないのです。

が・・・・なにせ「幻の魚」と言われたニシン漁が、庶民の食卓に上るほどに回復し始めたことは慶賀の至りです。

ですが、調子に乗って「乱獲絶滅」させないように漁師さんも含めて、道民全員が気を配らねばなりません。


[PR]
by karucyu | 2018-02-01 20:05 | Comments(0)

平成30年の年明けに・・・2018年1月1日

f0335773_19113209.jpg
いつもと変わらぬ夜が来て、浅い眠りから覚める朝に特段変わったことはありません。

ですが、暦の年号は変わって年の初めを迎え、なにやら厳粛な気分になるから不思議なものです。



さて、始まるこの一年、この世は吉と出るのか凶が蔓延するのか、できれば「すべてのことに吉が勝りますように」と、初詣の社に無けなしのお賽銭を投げ込んだりするのです。

ことしも、なにぶんのご厚誼をお願いするところです。

f0335773_10125074.jpg


[PR]
by karucyu | 2018-01-01 10:14 | Comments(4)

 読む本が無くなるのです・・・2017年12月24日

――相次ぐ愛読作家の逝去――

読む小説は、ほぼ100%「歴史・時代もの」です。偏り以外のなにものでもありません。

若いころから「吉川英治、井上靖、山田風太郎、海音寺潮五郎・・・」などに親しみ『司馬遼太郎、藤沢周平』作品で、その偏りが決定的になりました。

愛読作家の一人『葉室麟氏』が、きのう23日福岡市内の病院で亡くなりました。66歳の短い生涯でした。

地方紙記者などを経て、50歳を過ぎてから創作活動に本格的に入ったそうで、

歴史文学賞を受賞した「乾山晩愁」で2005年に作家デビュー、2012年に直木賞を受けた「蜩ノ記」は映画化されました。

f0335773_16591207.jpg

「乾山晩愁」からほぼ15年の短い作家生活の中で、およそ50編の作品を残しました。

文庫本化されて12月21日に発売された「蒼天見ゆ」を、半ば読み進んでいる最中の訃報です。なんとも惜しい気がしているところです。

氏の作品はデビュー作「乾山晩愁」から始まって、文庫化された作品のほぼすべてを読んだのですが・・・ほとんどの作品の主人公の「凛とした生き様」に憧れと共感を覚えてしまうのです。

f0335773_17000195.jpg

ここ数年、愛読している作家が次々と物故されています。

  • 北原亜以子(20133月 75歳)

  • 山本兼一 (20142月 57歳)

  • 火坂雅志 (20152月 58歳)

  • 宇江佐真理(201511月 66歳)

  • 杉本苑子 (20175月  91歳)

    などなど・・・・

f0335773_16593442.jpg
まだ現役で頑張って居られる「青山文平、安部龍太郎、伊東潤、上田秀人、乙川雄三郎、澤田ふじ子、宮城谷昌光、宮本昌孝、諸田玲子」諸氏には、御身大切にして頑張ってもらいたいと、強く思うきょうの日です。


[PR]
by karucyu | 2017-12-24 17:02 | Comments(2)

同情する気持ちが失せます・・・2017年12月17日

――-特殊詐欺の被害増大に思う―――

北海道警察が発表したところによりますと・・・・

息子や孫を装って現金をだまし取る「おれおれ詐欺」の1~11月の道内の被害額が、前年同期比4・7倍の約3億3200万円にも上り、過去5年で最悪だったとのことです。

被害にあわないよう、官民挙げて注意を促しているにもかかわらず、前年同期比「4.7倍」の被害額になるありさまです。

この16日に、市内の70代の女性が「名義貸しトラブルの解決名目」で、現金2650万円を騙し取られています。


f0335773_21082790.jpg
特殊詐欺に関する認知度は高まっているようです。道警が7、8月に運転免許試験場で免許更新に訪れた60歳以上235人にアンケートしたところ、特殊詐欺を「知っている」「ある程度知っている」との回答は合わせて94・5%に達したとのことです。警戒心は広まるのに被害は拡大する一方です。

 「特殊詐欺には普段から注意していた。電話機に注意書きも貼っていたのに」・・・と11月15日に現金300万円をだまし取られた胆振管内の70代女性は悔やんでいます。

f0335773_21083902.jpg
このブログで、過去何度か「特殊詐欺被害」の記事を書いていますが、まいど驚くのは「高額のお金」を瞬時に左右できる老人が多いと言うことにです。

その次に、日ごろ用心しているにもかかわらず「咄嗟に孫や息子」を案じるあまり、詐欺師の言うがままに動いてしまう、人間の弱さにも驚くのです。

こうまで被害が拡大して来ますと、被害者に対する同情心は失せて、「お金が有り過ぎるんだよなあ~そういう人たちは・・・」と、突き放した感情が芽生えてくるのです。


[PR]
by karucyu | 2017-12-17 21:10 | Comments(4)

1年2ケ月ぶりに・・・2017年10月29日

――北の地の大動脈「日勝峠」の復活開通――

先週の台風21号に続き、今週も22号接近での被害が報じられています。

北の大地では幸いなことに、昨年度より台風による被害がいまのところ小さいようです。

f0335773_20501568.jpg

昨年(平成28年)の北の地での「台風被害」はひどいものでした。

817日から23日の一週間で台風7号(17日上陸)、11号(21日上陸)、9号(23日上陸)と、立て続けに三つの台風が上陸し、大きな被害をもたらしました。

それ以外にも台風10号は大雨を降らし、交通網に甚大な被害を与えました。

f0335773_20485041.jpg


JR北海道の鉄道網は、いたるところで寸断され、未だに修理復活されない路線があります。

国道は主に十勝地方に通じる各国道を中心に、橋の流失や路盤の流出・崩壊などで通行止めとなり、一時は十勝地方が孤立状態になるありさまでした。

f0335773_20504460.jpg

もっとも被害の規模が大きかったのが、国道274号の「日勝峠」でした。

この峠は石狩地方と十勝と釧路地方を結ぶ、北海道の大動脈となっている道路です。

道東からの「魚貝類」や十勝地方からの「農産物」の輸送遅れが続きました。

この峠の通行止めが長引くための「経済損失」は計り知れないものがありました。

f0335773_20515760.jpg

これがこの28日に、12ケ月ぶりの通行止めが解除されました。

この日、峠のふもとの「日高町側」と「清水町側」で、午後1時にゲートが開くと、再開を待っていた多くの車両が峠を登って行ったそうです。

f0335773_20524849.jpg


[PR]
by karucyu | 2017-10-29 20:55 | Comments(2)

六月の旅から・・・2017年7月4日

③・・・新装なった「小田原城」を見学

小田原街はその昔、箱根や伊豆半島へ行くのに、車や電車で何度も通っていました。そのたびに「名物かまぼこ」をお土産にしたものです。

ですが、どうしたものか「小田原城」をしっかりと観たことが無かったのです。


f0335773_11134484.jpg


「小田原と後北条氏」の歴史については、若いころから関心を持っていました。司馬遼太郎の「箱根の坂」を読んで以来のことかもしれません。最近では伊東 潤の「黎明に起つ」を読んで、またまた眠っていた「小田原への関心」が目を覚ましてきたような気がしたのです。

f0335773_11145446.jpg


情報から「小田原城の平成の大改修」が終わって、リニュアール公開されたことを知りました。で、このたびの旅を利用して訪れることにしたのです。

在京の友達も同行を快く承知してくれて、またまた東京駅から東海道本線の、ほぼ各駅停車の電車で出かけました。

f0335773_11161564.jpg

小田原は、京都から駿河の今川家へやって来た「伊勢新九郎」が、知略で伊豆地方を従え、続いて箱根の坂を越えて「相模の国」を制覇してその居城としたことから栄てきました。

伊豆や相模の国を支配した「北条宗瑞(早雲)」は、足利幕府の混乱がもたらす「応仁の乱」を乗り越え、新しい国づくりをするために「戦国の世の幕」を切って落とした先駆けの武将となりました。

早雲から3代目までは名君として領国を守って来ましたが、4代氏政の時代の流れを読めない蒙昧さで、その子5代氏直の時に「豊臣秀吉」に滅ぼされてしまいました。

f0335773_11143243.jpg

その後徳川家の支配下に入り、明治3年に廃城となった小田原城です。

ですが昭和9年頃から、隅櫓が再建されたりして、昭和355月には廃城以来90年ぶりに市民待望の天守閣が復興されました。

復興から既に50年以上が経過しており、耐震診断の結果、今後継続的に使用するためには耐震補強が必要であるとされたことから、来館者の安全確保のため平成277月から平成284月にかけて「平成の大修理工事」を行いました。

f0335773_11172017.jpg
(天守閣から伊豆半島方向をを望む)

リニュアールされた天守閣の外観は、なにか白々として、内部の階段も登り易くてありがたいのですが、どうも古城という感じが失せたような気がするのです。

各階層に展示された「北条5代の歴史展示物」も見やすいのですが、あまりにも多すぎて一日ではゆっくりと鑑賞できないほどのものです。

小雨が降ってきたお堀端を歩き、「北条5代の末路」や「大久保忠隣(ただちか)」の悲劇を頭に描きながら小田原駅に戻り、帰路についたところです。

f0335773_11180494.jpg


<城の再建、修理などの記事は、地元の情報を引用させていただきました>


[PR]
by karucyu | 2017-07-04 11:23 | Comments(4)

なにを考えているのやら・・・・2017年6月4日

-----パリ協定批准迷走の余波―-

きょう(64日)の地元紙に、北海道の銘産として知られている「アスパラガス」の高値が続いている・・・と報じています。

札幌市の中央卸売市場では、昨年の同じ時期に比べて、1キロ当たり100円も高いのだそうです。取扱量が2割も落ち込んでいるためのようです。

f0335773_15123093.jpg

生産量が低い理由は、昨年の7~9月の日照時間不足で、根にじゅうぶんな栄養を蓄えることができなかった影響が大きく、農家からは例年の6月下旬より早く収穫が終わってしまうのでは? と心配の声が聞こえています。

f0335773_15124757.jpg

「アスパラガス」を日本で最初に栽培・生産した人は、北海道岩内町の農学博士であった下田喜久三という方です。

欧米からアスパラの種子を取り寄せ 試験栽培を続けた結果, 1922(大正11)年 新品種を開発して 翌年から大規模な栽培を始め, 周辺の農家にも 作ることをすすめました。 1924(大正13)年 岩内町に「日本アスパラガス株式会社」を創設して 缶詰の生産を始めたのだそうです。

f0335773_15155618.jpg

岩内町の街区から、ニセコ連峰のなだらかな山裾を少し上ったところに、記念の碑文が建てられています。

≪この「アスパラガス」発祥の地が喜茂別町だとして、喜茂別町長名で平成元年に、「中山峠」の頂上レストハウス駐車場に、そのモニュメントと碑文を建てています。

どちらが本家なのか?、たぶん岩内説が本命のような気がします≫



f0335773_15130691.jpg

もうひとつ、海の幸のことを言いますと、

北海道南のスルメイカ漁が、1日解禁されまして、函館市の函館漁港からは、出漁を待ち兼ねたイカ釣り漁船約10隻が松前沖を目指して出港しまた。

昨年は記録的な不漁だっただけに、漁業関係者らは少しでも多くの漁獲に期待を寄せていましたが・・・

初日の水揚げは、昨年の解禁日よりいくらか良かったものの、今年の漁獲量も楽観を許さない状況のようです。

f0335773_15141210.jpg

「アスパラガス」や「するめイカ」の漁獲・収穫だけでなく、天候不順による農産・水産物の収量・漁獲減は目に余るものがあります。

さらに大規模災害による、物的・人的被害は地球規模で計り知れません。

このままではいけないと、人類が知恵を出し合ってようやく201512月にパリで開催された「第21回気候変動枠組条約締約国会議」で、全世界規模で「温室効果ガス抑止」を目論んだ『パリ協定』が結ばれたのですが・・・・


f0335773_15152057.jpg


どこかの大国の「OBAKAKING」が、自国の利益のみを優先してこの協定から脱すると宣言しています。

「地球温暖化」で地球が破壊に瀕しているのがわかっていながら、自国の利益のみに固執する人々に対して、減産の憂き目にあう「アスパラガス」を初めとする農作物や「するめイカ」を筆頭とする「魚貝類」は、いま「怒髪天を衝く」ところの位置にあるのです。


[PR]
by karucyu | 2017-06-04 15:18 | Comments(4)