ブログトップ

かるさんの日々

カテゴリ:日記( 242 )

友人が所属している絵画の団体の、恒例の「作品発表会」が六本木の「国立新美術館」で開催されています。友人の絵は毎回「入選作」として展示され、私たち友人は誘い合って鑑賞しています。今年も420日の午後からが「鑑賞の日」となりました。久しぶりの「ヒルズの風」に吹かれながらの楽しいひと時を過ごしてきたのです。

f0335773_18371208.jpg

せっかくの上京ですから、この機会にと想いたち竹橋の「東京国立近代美術館」で開催されています『生誕150年・横山大観展』も観てきました。

1968年(明治元年)、水戸に生まれた大観は、1889年(明治22年)に<東京美術学校>1期生として入学、岡倉天心や橋本雅邦に師事しました。同期生には菱田春草、下村観山、西郷孤月などがいます。

f0335773_18332540.jpg

1896年(明治29年)母校・東京美術学校の助教授に就任しますが、2年後に当時校長だった岡倉天心への排斥運動が起こり天心が失脚。天心を師と仰ぐ大観はこれに従って助教授職を辞し、同年の日本美術院創設に参加しました。

美術院の活動の中で、新たな画風の研究を重ね、やがて線描を大胆に抑えた没線描法の絵画(「朦朧体」という呼称)を次々に発表しますが・・・・しかしその先進的な画風は当時の画壇の守旧派から猛烈な批判を浴びることになります。

f0335773_18341872.jpg

大観は春草と共に海外に渡り、インドやアメリカで相次いで展覧会を開き高い評価を得ます。その後ヨーロッパに渡りロンドン、ベルリン、パリでも展覧会を開き、ここでも高い評価を受けました。

1935年(昭和10年)には帝国美術院会員となり、1937年(昭和12年)には、この年制定された第1回文化勲章の受章者となりました。同年帝国芸術院会員にもなるのです。

大観は1958年(昭和33年)226日、東京都台東区にある自宅にて89歳で永眠した。氏の脳は現在もアルコール漬けにされた状態で、東京大学医学部に保管されているそうです。

f0335773_18335624.jpg

このたびの展示会場のトップには大作の「屈原」が飾られ、大観がまだ世に容れられなかった時代の「無念さと、曲げることの無い信念を通す」想いがひしひしと伝わってきます。

このたびの展覧会の超目玉ともいうべき、40mにも及ぶ日本一長い画巻『生生流転』は、鑑賞者も長々と連なり、ただただ感動に浸っていました。私も、まさにその中の一人に過ぎなかったのです。

<画像は借用のものです>


[PR]
by karucyu | 2018-04-23 18:39 | 日記 | Comments(4)

作家、葉室麟氏が亡くなってから早くも4ヶ月になろうとしています。

2015年に刊行された作品「風かおる」が、数日前文庫化されて幻冬舎から出版されました。

あいかわらず氏の作品は評判が良く、書店の店頭でもすぐに売り切れになるようです。

生涯にほぼ60の小説を書き、アンソロジーが6作品、随筆集が5作品あります。

f0335773_12103990.jpg

その随筆集のなかの「河のほとりで」(文春文庫)を読んでみました。

氏の小説集を読む以上に、短い文章のなかから氏の人となりが伺い知れます。

そのなかの一つ、『もうひとつの「生きる」、思い出積み重ねる歴史の中で』という、エッセイ―を読みました。2014527日とありましたから、この日どこかの新聞にでも掲載されたエッセイーなのでしょう。

そこに、同じような年齢から作家生活に入ったお仲間のことが書かれています。

ちょっと長くなりますが、部分を挙げてみます。

f0335773_12105646.jpg

わたし 初めて 直木賞 候補 なっ 時、 同じ 歴史時代 小説家 山本兼一 さん さん 一緒 だっ た。   三人 とも 中年 から 小説 書き 始め 遅咲き 作家 直木賞 候補 なっ は、 五十 過ぎ た。   この 山本 さん が『 利休 たずねよ』 受賞 れ、 わたし さん 今後、 同じ ジャンル 作家 として レース 競っ いく こと なる だろ う、と 思っ た。   だが、 さん 直木賞 候補 なっ この 八月 亡くなら た。   さん とは 何度 会い パーティ 二次会 などで 一緒 し、 お話 親しい 気持 抱い だけに ショック だっ た。   その後、 わたし 山本兼一 さん 追って 候補 一二 直木賞 受賞 た。   これから 先輩 直木賞 作家 ある 山本 さん 背中 追っ いく こと なる 思っ た。 ところが、 山本 さん 二月 亡くなっ た。   気がつけ ば、 初めて 直木賞 候補 なっ 時、 そば 並ん ふたり 先輩 作家 あいつい 亡くし だ。  』

f0335773_12115869.jpg

この文章を書いた3年後に、自分も彼らのそばに逝くとは思いもよらなかったのでしょうが・・・

「北 重人(61歳没)」「山本兼一(58歳没)」「葉室 麟(66歳没)」のお三方は、ほぼ50代になってから作家生活に入り、短い作家生活の中でそれぞれが珠玉の名品を私たちに残してくれました。それぞれの作品を読むたびに感謝の念を持つことになるのです。


[PR]
by karucyu | 2018-04-15 12:13 | 日記 | Comments(4)

 ――ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書――を観る

先日、WEB友のHさんがHPで、この映画を観て来て感想を述べられていました。

この映画、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで作られ、90回アカデミー賞に作品賞と主演女優賞にノミネートされた、前評判の高かった作品です。

その評判を前記のHPで識ることになりました。

主演俳優が「メルリ・ストリープ」と「トム・ハンクス」とくれば、これは見逃すわけにはいきません。さっそく今日9日朝早くから出かけ、一回目の上映で鑑賞してきました。

f0335773_20531493.jpg

ストーリーは、まだ地方紙でしかなかった「ワシントン・ポスト」の女性社主と編集主幹が中心になって、歴代大統領が「隠ぺい」してきたベトナム戦争の「悪干渉」を、入手した「機密文書(ペンタゴンペーパーズ)」を基に、社運をかけて報道し国民に知らしめる・・・という話です。

f0335773_20522756.jpg

ストーリーはともかくとして、女性社主が苦悩しながら、国家挙げての妨害を押しのけ「掲載発表」を決断する時のセリフがずしんと来ます。

『報道の使命は国家に従うことでなく、国民に真実を知らしめることです』・・・・・と。

f0335773_20521114.jpg

現在のアメリカの「自由の方向」がどんなものなのか良く解りませんが、昨今のわが国の政権の傲慢さや、メディアを含めた国民の無気力感を視るにつけ、さすがアメリカは「自由の獲得」には、命を懸けて闘う姿勢があることを強く印象づけられた、今日の映画鑑賞の感想ではあります。

f0335773_20525181.jpg

もう一つ、ぜひ観たいのが「ウインストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」です。

評判を得た「ダンケルク」は昨年の秋に観ることができました。


[PR]
by karucyu | 2018-04-09 20:54 | 日記 | Comments(4)

街中の雪はほぼ溶けて、春らしくなってきたようですが、郊外の山裾の地の春はまだ遠くにあります。
http://www.digibook.net/d/8694e337808816246ac8a013e6726419/?viewerMode=fullWindow
[PR]
by karucyu | 2018-03-24 19:36 | 日記 | Comments(2)

――魚沼産コシヒカリの凋落に思う――

 日本穀物検定協会が過日、「おいしいコメ」を判定する2017年度産米の食味ランキングを発表しました。

 ランキングは特AからB′までの5段階で、協会独自の基準米(複数産地コシヒカリのブレンド米)と試験対象の品種を外観、香り、味、粘りなど6項目を比較して判定したとのことです。

f0335773_11124913.jpg

17年産米の評価対象は、151産地品種銘柄(16年産は141銘柄)。特Aは43銘柄(同44銘柄)、Aは76銘柄(同79銘柄)でした。初めて特Aを取得したのは埼玉・県東「彩のきずな」、高知・県北「にこまる」、佐賀「夢しずく」の3産地銘柄だったようですが・・・・・


 
f0335773_11145013.jpg

常勝ブランド米の「新潟県魚沼産コシヒカリ」が5段階評価で最高の「特A」から初めて後退し2番目の「A」になったと特筆されました。

魚沼産コシヒカリは特Aができた1989年産から16年産まで28年続けて最上位を守り、凶作の93年も唯一転落しなかった品種でした。

全国の津々浦々のお米屋さんの店頭で「魚沼産コシヒカリ」を大量に積み上げ、他ブランドよりも高額に販売しています。

f0335773_11142718.jpg

耕作面積がさほど広くは無い「魚沼産コシヒカリ」が、全国のお米屋さんの店頭に、うず高く積み上げられるほど収穫量は無いはずなのですが・・・・・、

ここ十数年、「魚沼産コシヒカリ」に追いつけ追い越せと、各地の農業関係者は血のにじむ努力を重ねてきました。その甲斐もあってここ数年「特A」にランクされる銘柄が増えて、消費量も上がってきています。

その間、「越後の農業関係者」は、名声に胡坐をかいて「うさぎとカメの教訓」を忘れてしまったのかもしれません。この教訓は「油断をするな」とか「地道にコツコツ歩むのが大事」なのだとありますが(もう一つの解釈があるそうですが省きます)

f0335773_11131493.jpg

その昔のお米は「俵」に詰められていました。俵に掛けられた「縄(緒)」を常日頃しっかりと締めなかった「越後の農業関係者」が、最近の北海道米の生産地にたびたび訪れて、浮上の学習に余念がないとのことです。

と言う北海道産米の中で「ふっくりんこ」が特AからAに格落ちしてしまいました()

「北海道の農業関係者」も、ものがたりの「うさぎさん」になってはならない・・・と思ったりするのです。
<画像は21日の、郊外の公園温室内の花と、屋外の雪景色です>


[PR]
by karucyu | 2018-03-22 11:18 | 日記 | Comments(4)

「生みの苦しみ」という言葉があります。

そんな言葉が当てはまりますかどうか? いま札幌市を巻き込んだ、それぞれの関系機関が難題を抱えて頭を痛めています。

f0335773_18120682.jpg

  1.  北海道新幹線延伸の問題

    平成283月に青森から「新函館北斗」に到達した北海道新幹線は、その先札幌市までの工事が、小樽市にほど近い「赤井川村」辺りまで進んできました。

    とりあえずの終点が「札幌駅」になるところまでは決まっているのですが、肝心の「札幌駅新幹線ホーム」の場所(位置)がなかなか決まらないのです。

    駅地下だ、既存高架ホームを使うんだとか、駅から少し離れた位置に新しく造る・・・などなど、もうさほど時間もないのにもかかわらず、関係機関の意見がまとまっていません。平成42年度末(2030年度末)の開業予定が大幅に遅れることになりかねないのです。とすれば「札幌市」の観光客誘致目標が大きく狂ってくることになるのです。

    f0335773_18121907.jpg

  2.  北海道日本ハムボールパーク(BP)構想

    2004年の北海道日本ハム球団誕生以降、札幌市が運営する「さっぽろドーム」をフランチャイズとして使用し盛り上がってきましたが・・・使い勝手が悪い、使用料が高額である、などの理由から球団自前の球場を持つことを決めました。

    球場だけでなく、レジャーランドも併設し「ボールパーク」と言う構想を打ち出しました。

    場所の選定が進んでいるのですが、「さっぽろドーム」から逃げ出される札幌市は、市内に残ってもらいたくって、あちこちと二転三転「場所(土地)」の候補を示しているのですが、条件が合わずどうも「うん!」と言ってもらえないようなのです。

    札幌市の隣りの「北広島市」が行政と市民がこぞって誘致活動にまい進し、どうやら優位な位置にいるようです。

    日ハム球団が利用しない「さっぽろドーム」の運営をどうするのか? 「BP構想」を隣の市に獲られそうな雰囲気に、「札幌市」は頭が痛いところです。

    f0335773_18124052.jpg

  3.  さっぽろ冬季オリンピック招致運動

    「思い留まったらいかがでしょう」と題して、昨年12月21日の日記にも書きました。2026年の冬季オリンピックを札幌へ招致しようという試みです。

    29日に始まった<平昌冬季オリンピック>も終わりに近くなってきていますが・・・
    さっぽろへ誘致するという案に対して、開催費用ねん出の困難さと、自然の破壊の危険があることへの心配などで、市民の反対運動が持ち上がっています。なによりも2018年(韓国)、2022年(中国、決定)、2026年(日本、申請)となればアジアで3連続大会となるわけです。

    開催国を5大陸順番に持って行きたいIOCが、2026年の日本(札幌)を認めるのかどうか? なんとも心悩ましい難題となっています。

    というように、現実に進行中の問題や、これから実行を目指している諸問題に頭を痛めている『さっぽろ市』なのです。

    f0335773_18132492.jpg


[PR]
by karucyu | 2018-02-21 18:15 | 日記 | Comments(4)

――二つの話題記事に思いを馳せます――

9日の夜、華やかな開会式で始まった平昌冬季オリンピックは、いよいよ佳境を迎えようとしています。

そんな12日の地方紙に二つの記事が載っていました。

f0335773_11160781.jpg

一つは、オールジャパンの期待を一身に背負う、スキージャンプの女王「高梨沙羅」さんのことです。

彼女は、道内の特別支援学校や大阪府内のひとり親家庭にケーキやランドセルを贈る活動を続けてきています。「応援してくれる人たちに恩返ししたい」との思いから、ワールドカップ(W杯)での賞金の一部を充てているのだそうです。

f0335773_11153705.jpg

クリスマス前の昨年12月中旬、旭川市と近郊の特別支援学校6校に高梨選手からケーキ計100個(30万円相当)が贈られています。これは2014年から同市社会福祉協議会を通じて寄贈しております。

 ランドセルの寄贈も14年からで、所属先のクラレ(東京)がランドセル向け人工皮革を製造していることから高梨選手から申し出たのだそうです。クラレの創業者と縁が深かった大阪で、母子福祉団体などを通じてこれまでに約500個を贈ったとありました。

f0335773_11151124.jpg

もう一つの記事は、<ジャパンライフ「広告塔」に官僚OBら 顧問に就任報酬も>と言うものです。

 磁気治療器の預託商法を展開し、2千億円超の負債を抱えて事実上倒産したジャパンライフが、顧問として永谷安賢(やすたか)元内閣府官房長や中嶋誠元特許庁長官らを招請し、報酬を支払っていたことが11日分かったとのことです。

ジャパンライフ元社員は「高額な出資をためらう高齢者が、顧問のリストを見て信用したケースがあった」と証言しています。内閣府幹部からも「宣伝に使われたはず。官僚OBが広告塔となった責任は重い」と批判が出ているのだそうです。

f0335773_11145402.jpg

一国の政治を司る「高級官僚(と称される)」が、なりふり構わず金に群がる構図がありありと見えてきます。

指摘された人々は異口同音に言います。『内容を知らなかった、すぐに辞任した』と・・・

ちょっと調べてみれば、該社の内容がいかに如何わしいか、直ぐ解かることなのです。それすらしないで、汚い金に飛びつく「高級官僚連」・・・こんな人たちに左右されるこの国の未来は、果たしてどんな結末に終わるのか?

 それとも「高梨沙羅さん」のような若い有望な人々によって、しっかりとした世界に恥じない国家に作り上げられるのか・・・・なんとも複雑な気がしてならない昨今なのです。


[PR]
by karucyu | 2018-02-12 11:18 | 日記 | Comments(2)

晴れ間を狙って撮ってきましたが・・・観光客の多いこと、多いこと。市民は少数派です。

http://www.digibook.net/d/bdd4ef7f91cd3e6ce24c389180792409/?viewerMode=fullWindow&isAlreadyLimitAlert=true

[PR]
by karucyu | 2018-02-06 22:36 | 日記 | Comments(4)


――道民の平均寿命、順位低迷 際立つ喫煙率の高さ――

 「人生100年時代」という表現が、使われる長寿社会を迎えています。

ですが、厚労省のデータや専門家の分析によれば、北海道の平均寿命は近年、都道府県別にみて低迷が続いているようです。その原因は何なのか?・・・・・

 厚生労働省が昨年12月に発表した2015年都道府県別生命表によると、北海道は「女性が86.77歳で都道府県別で37位」、「男性が80.28歳で35位」だったそうです。

f0335773_14525171.jpg

ちなみに男性の1位が滋賀県で81.78歳、女性の1位は長野県で87.67歳です。

全国平均は男性が80.77歳、女性が87.01歳となっています。

(最下位は男女とも青森県で男性が80.77歳、女性が87.01歳だそうです)

f0335773_14523472.jpg

この世知辛い世相の中で、長生きするのが本当に幸せなのかどうか・・・なんとも言えませんが、世間の常識は「長生きはおめでたい」ことになっています。

北海道に住む人々の寿命が低迷している理由を、識者が以下のような生活習慣の、都道府県別順位で分析しています。数字の( )内は全国平均です。

  • 喫煙率・・・男性434.6%(31.1%)、女性116.1%(9.5%)

  • 活動歩数・・男性24位、1日当り7381歩(7779歩)

           女性40位、1日当り6051歩(6776歩)

  • 野菜摂取量・男性341日当り276g(284g)、女性13位1日当り280g270g)

  • 食塩摂取量・男性24位1日当り10.7g(10.8g)、女性23位1日当り9g(9.2g)

    f0335773_14530846.jpg

というように、喫煙者が多いことや、食生活に工夫が必要だと言うことが解ります。なによりも、冬期間の「家に居て座りっぱなしの生活スタイル」が諸病気の要因になっていると識者は指摘しています。

f0335773_14534082.jpg

TVPCに向かいっぱなしの人達に、デスクワークや座位を1時間続けたら、せめて10分程度立って動くことを強く進めているのです。

とは言うものの、凡人にはその簡単なことが出来たら、なにも言う必要が無いのですが・・・


[PR]
by karucyu | 2018-02-05 14:55 | 日記 | Comments(2)

――後を絶たない「悪徳商法」被害――

オレオレ詐欺をふくむ「特殊詐欺」被害が一向に減りません。

なんでだろう?って、このページでも幾度か書きました。

それ以上に減ることも無く、連綿と被害?が続いているのが『悪徳商法』と言われる、詐欺まがいの事件です。

f0335773_18511980.jpg

いま、さかんに報道を賑わしているのが、磁気ネックレスなど健康グッズへの出資を募って、資金を集めたまま事実上倒産した「ジャパンライフ」事件です。

「ジャパンライフ」は磁石付き健康グッズなどを数百万円単位で販売し、購入者が商品を別の顧客にレンタルするオーナーになれば、年6%ほどの収入を得られる「レンタルオーナー契約」という預託商法を続けていました。

ですが消費者庁から4回にわたって業務停止命令を受け、昨年12月に資金繰りが悪化し、事実上倒産状態になりました(一部幹部は倒産を否定しているようですが・・・)

f0335773_18513909.jpg

銀行預金の金利がほぼ0にひとしく、庶民が手持ちの資金をなんとか増やそうとする気持ちは分からんではありませんが・・・・この「金余り」の時代に≪年6%≫もの利息を生む手段がそんなに簡単に転がって居る訳がありません。もしあるとしても、それは「ハイリターン・ハイリスク」と呼ばれる、投機的な失敗も覚悟せねばなりませんん。

f0335773_18521471.jpg

「悪徳商法」の事例は古く、いつも多くの人々が「奈落の底」に落とされています。

ここ数年間の事例を、被害金額の大きい順に挙げて見ますと・・・、

名称

商材

被害者数

被害額

摘発/破綻時期

安愚楽牧場

和牛預託商法

73356

4,2076,700万円

20118

ジャパンライフ

健康器具

6,855

2,405億円

20171226

③L&G(エル・アンド・ジー)

疑似電子マネー

5万人

2,260億円

2007103

豊田商事

現物まがい商法

29,000

2,025億円

19856

天下一家の会

ねずみ講無限連鎖講

112万人

1,900億円

1980

全国八葉物流

健康食品

49,000

1,559億円

20021

茨城カントリークラブ
(常陸観光開発株式会社)

ゴルフ会員権

52,000

1,200億円

1992

統一協会

霊感商法

32,000

1,117億円

-

大和都市管財

抵当証券

17,000

1,100億円

200111

wikipediaから>
上記のランクに4番目に挙げられている「豊田商事」事件は、33年前の事件にもかかわらず、凄惨な結末だったことを未だ鮮明に覚えています。

「特殊詐欺」や「悪徳商法」に引っかかり、多くの財産を失い、その後の人生を「無」にせざるを得なかった人々がなんと多いことか・・・と、『持たない者のひがみ』を日々、ひそかに楽しんでいるところなのです。


[PR]
by karucyu | 2018-01-30 18:53 | 日記 | Comments(2)