かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

北の国の魅力とは?・・・2018年7月23日

――「じゃらん」が調査した都道府県の魅力度――

 旅行雑誌「じゃらん」を発行するリクルートライフスタイル(東京)が、2017年度に国内で宿泊旅行をした人を対象に行った都道府県の魅力度調査で、北海道は「魅力のある特産品や土産物が多かった」で全国2位になるなど、8部門全てでトップ10入りしたそうです。

f0335773_17244040.jpg

質問の8部門と北海道の順位

① 地元ならではのおいしい食べ物が多かった   ・・・・・・・・・3位

② 魅力のある特産品が多かった           ・・・・・・・・ 2位
 魅力的な宿泊施設が多かった          ・・・・・・・・・ 7位 
④ 地元の人たちのホスピタリティを感じた     ・・・・・・・・・・・ 6位 
⑤ 子供が楽しめるスポットや施設・体験が多かった・・・・・・・・・ 9位
 若者が楽しめるスポットや施設・体験が多かった ・・・・・・・・6位
 大人が楽しめるスポットや施設・体験が多かった・・・・・・・・・ 7位
 現地で良い観光情報を入手できた         ・・・・・・・・3位

f0335773_17253093.jpg

 特産品・土産物部門では、北海道は前年度から2ランク上昇したが、1位は沖縄県でした。調査会社では「北海道は海産物が人気で、クッキーやチョコレートなどお菓子の評判がいい」としています。北海道を旅行先に選んだ理由でも「そこならではの食・特産品に興味があったから」との回答が6割を超え、食に対する関心の高さがあらためて示された感じです。

f0335773_17255353.jpg

けっきょくこの調査から言えることは、北の国の魅力は「食べ物とお土産」が主体で、体験型観光や、なによりも「ホスピタリティ(温かいおもてなし)」に満足感が無いような結果となっています。

f0335773_17261719.jpg

本州の観光地を訪れ、温泉宿などにご厄介になった時の「心のこもったおもてなし」にどれほど癒されると感じたことか・・・・北の地の観光に携わる人々の「あまり心がこもらない」応対に、なぜだろう?と日ごろ思っていることが裏付けられたような調査結果を見たこの日なのです。


[PR]
by karucyu | 2018-07-23 17:28 | 日記 | Comments(4)

未曾有の豪雨災害に思う・・・2018年7月9日

広島県、岡山県、愛媛県などを中心にした「西日本集中豪雨災害」は、平成の年代での最大の被害と犠牲者を出したとのことです。

9日夕刻現在、いまだ冠水が収まらず被害の全容がつかめないようです。

この時点での犠牲者が112人、行方不明者が83人だとの報道がなされています。

f0335773_17401364.jpg

ここ数年「今まで経験したことが無い」とか、「50年来の・・・」とか表現される豪雨災害が頻発しています。

災害地の犠牲者や遺族の人々に「お悔み」を申し上げながら、これからは毎年のように、世界規模で今回のような豪雨や強風が襲い、甚大な被害が発生するだろうことが予想されます。

被害を被る地域は、自分の住む地域になるのか?あなたの住む地域なのか? 誰も予想がつかないのです。

f0335773_17402881.jpg

異常気象の要因が「地球温暖化」に起因することは、誰もが頷くところです。

ですが、それを頑として認めず「自国の利益」にだけ固執する、大国の「大親分」が存在することに、あらためて腹が立つこの日なのです。

f0335773_17411853.jpg


[PR]
by karucyu | 2018-07-09 17:42 | 日記 | Comments(2)