かるさんの日々

karucyu.exblog.jp
ブログトップ

三人の作家の早すぎる死・・・2018年4月15日

作家、葉室麟氏が亡くなってから早くも4ヶ月になろうとしています。

2015年に刊行された作品「風かおる」が、数日前文庫化されて幻冬舎から出版されました。

あいかわらず氏の作品は評判が良く、書店の店頭でもすぐに売り切れになるようです。

生涯にほぼ60の小説を書き、アンソロジーが6作品、随筆集が5作品あります。

f0335773_12103990.jpg

その随筆集のなかの「河のほとりで」(文春文庫)を読んでみました。

氏の小説集を読む以上に、短い文章のなかから氏の人となりが伺い知れます。

そのなかの一つ、『もうひとつの「生きる」、思い出積み重ねる歴史の中で』という、エッセイ―を読みました。2014527日とありましたから、この日どこかの新聞にでも掲載されたエッセイーなのでしょう。

そこに、同じような年齢から作家生活に入ったお仲間のことが書かれています。

ちょっと長くなりますが、部分を挙げてみます。

f0335773_12105646.jpg

わたし 初めて 直木賞 候補 なっ 時、 同じ 歴史時代 小説家 山本兼一 さん さん 一緒 だっ た。   三人 とも 中年 から 小説 書き 始め 遅咲き 作家 直木賞 候補 なっ は、 五十 過ぎ た。   この 山本 さん が『 利休 たずねよ』 受賞 れ、 わたし さん 今後、 同じ ジャンル 作家 として レース 競っ いく こと なる だろ う、と 思っ た。   だが、 さん 直木賞 候補 なっ この 八月 亡くなら た。   さん とは 何度 会い パーティ 二次会 などで 一緒 し、 お話 親しい 気持 抱い だけに ショック だっ た。   その後、 わたし 山本兼一 さん 追って 候補 一二 直木賞 受賞 た。   これから 先輩 直木賞 作家 ある 山本 さん 背中 追っ いく こと なる 思っ た。 ところが、 山本 さん 二月 亡くなっ た。   気がつけ ば、 初めて 直木賞 候補 なっ 時、 そば 並ん ふたり 先輩 作家 あいつい 亡くし だ。  』

f0335773_12115869.jpg

この文章を書いた3年後に、自分も彼らのそばに逝くとは思いもよらなかったのでしょうが・・・

「北 重人(61歳没)」「山本兼一(58歳没)」「葉室 麟(66歳没)」のお三方は、ほぼ50代になってから作家生活に入り、短い作家生活の中でそれぞれが珠玉の名品を私たちに残してくれました。それぞれの作品を読むたびに感謝の念を持つことになるのです。


[PR]
# by karucyu | 2018-04-15 12:13 | 日記 | Comments(4)

久しぶりの映画鑑賞・・・2018年4月9日

 ――ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書――を観る

先日、WEB友のHさんがHPで、この映画を観て来て感想を述べられていました。

この映画、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督のもとで作られ、90回アカデミー賞に作品賞と主演女優賞にノミネートされた、前評判の高かった作品です。

その評判を前記のHPで識ることになりました。

主演俳優が「メルリ・ストリープ」と「トム・ハンクス」とくれば、これは見逃すわけにはいきません。さっそく今日9日朝早くから出かけ、一回目の上映で鑑賞してきました。

f0335773_20531493.jpg

ストーリーは、まだ地方紙でしかなかった「ワシントン・ポスト」の女性社主と編集主幹が中心になって、歴代大統領が「隠ぺい」してきたベトナム戦争の「悪干渉」を、入手した「機密文書(ペンタゴンペーパーズ)」を基に、社運をかけて報道し国民に知らしめる・・・という話です。

f0335773_20522756.jpg

ストーリーはともかくとして、女性社主が苦悩しながら、国家挙げての妨害を押しのけ「掲載発表」を決断する時のセリフがずしんと来ます。

『報道の使命は国家に従うことでなく、国民に真実を知らしめることです』・・・・・と。

f0335773_20521114.jpg

現在のアメリカの「自由の方向」がどんなものなのか良く解りませんが、昨今のわが国の政権の傲慢さや、メディアを含めた国民の無気力感を視るにつけ、さすがアメリカは「自由の獲得」には、命を懸けて闘う姿勢があることを強く印象づけられた、今日の映画鑑賞の感想ではあります。

f0335773_20525181.jpg

もう一つ、ぜひ観たいのが「ウインストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」です。

評判を得た「ダンケルク」は昨年の秋に観ることができました。


[PR]
# by karucyu | 2018-04-09 20:54 | 日記 | Comments(4)

春まだ遠く・・・2018年3月24日

街中の雪はほぼ溶けて、春らしくなってきたようですが、郊外の山裾の地の春はまだ遠くにあります。
http://www.digibook.net/d/8694e337808816246ac8a013e6726419/?viewerMode=fullWindow
[PR]
# by karucyu | 2018-03-24 19:36 | 日記 | Comments(2)

「勝って 俵の縄(緒)を 締めよッ!!」  2018年3月22日

――魚沼産コシヒカリの凋落に思う――

 日本穀物検定協会が過日、「おいしいコメ」を判定する2017年度産米の食味ランキングを発表しました。

 ランキングは特AからB′までの5段階で、協会独自の基準米(複数産地コシヒカリのブレンド米)と試験対象の品種を外観、香り、味、粘りなど6項目を比較して判定したとのことです。

f0335773_11124913.jpg

17年産米の評価対象は、151産地品種銘柄(16年産は141銘柄)。特Aは43銘柄(同44銘柄)、Aは76銘柄(同79銘柄)でした。初めて特Aを取得したのは埼玉・県東「彩のきずな」、高知・県北「にこまる」、佐賀「夢しずく」の3産地銘柄だったようですが・・・・・


 
f0335773_11145013.jpg

常勝ブランド米の「新潟県魚沼産コシヒカリ」が5段階評価で最高の「特A」から初めて後退し2番目の「A」になったと特筆されました。

魚沼産コシヒカリは特Aができた1989年産から16年産まで28年続けて最上位を守り、凶作の93年も唯一転落しなかった品種でした。

全国の津々浦々のお米屋さんの店頭で「魚沼産コシヒカリ」を大量に積み上げ、他ブランドよりも高額に販売しています。

f0335773_11142718.jpg

耕作面積がさほど広くは無い「魚沼産コシヒカリ」が、全国のお米屋さんの店頭に、うず高く積み上げられるほど収穫量は無いはずなのですが・・・・・、

ここ十数年、「魚沼産コシヒカリ」に追いつけ追い越せと、各地の農業関係者は血のにじむ努力を重ねてきました。その甲斐もあってここ数年「特A」にランクされる銘柄が増えて、消費量も上がってきています。

その間、「越後の農業関係者」は、名声に胡坐をかいて「うさぎとカメの教訓」を忘れてしまったのかもしれません。この教訓は「油断をするな」とか「地道にコツコツ歩むのが大事」なのだとありますが(もう一つの解釈があるそうですが省きます)

f0335773_11131493.jpg

その昔のお米は「俵」に詰められていました。俵に掛けられた「縄(緒)」を常日頃しっかりと締めなかった「越後の農業関係者」が、最近の北海道米の生産地にたびたび訪れて、浮上の学習に余念がないとのことです。

と言う北海道産米の中で「ふっくりんこ」が特AからAに格落ちしてしまいました()

「北海道の農業関係者」も、ものがたりの「うさぎさん」になってはならない・・・と思ったりするのです。
<画像は21日の、郊外の公園温室内の花と、屋外の雪景色です>


[PR]
# by karucyu | 2018-03-22 11:18 | 日記 | Comments(4)

ここが踏ん張りどこか?  2018年3月19日

「一強政治」が、国の方向を左右する両刃の剣であることは、良く言われているところです。

案の定この国はいま、両刃の剣の悪い方向へ「恣意的に」進もうとしています。

f0335773_10273305.jpg


連日報道されている「政治の諸問題」の根本原因は、「一強政治」とそれに迎合する官僚がもたらしていることに間違いはありません。

このまま進んで行くとすれば、日々ご厄介になっている「当該ブログの日記」なども「特定秘密保護法」などを持ち出して、なべて「検閲」の対象にされることは容易に想像されます。

「決裁文書改ざん」や「文科省が名古屋公立中に異例調査」問題などなど、眼に余る行いが日常化しています。

f0335773_10280420.jpg

いまこの時「この国の民人」は、特定の人々が進める「異様な日常化」を挙げて阻まねばなりません。でなければ近い将来「民人」は、大きな犠牲を強いられることになるのは、間違いありません。

f0335773_10285423.jpg


[PR]
# by karucyu | 2018-03-19 10:30 | Comments(4)